イチゴの花が咲いたミニ畑

クリスマスも過ぎ、街中の飾り付けは
サンタクロースから鏡餅へと変わっていく頃でしょうか。
京都駅の大きなツリーはクリスマスが終わると
片付けられるのかな。

・・屋久島にいるとあまりクリスマスという雰囲気を
感じません。スーパーの店員さんが赤い三角帽子を
かぶっていたり、Aコープの一角にプレゼントコーナーが
設置される、ケーキの上にサンタの砂糖菓子が乗っている。
それくらいでしょうか。

・・・でも、というか、だから、なのか、
ケーキの上にサンタが乗っているだけでも
ちょっとわくわくしてしまいます。

皆さんはもう大掃除は終わりましたか?
おせちの準備やお正月飾りの準備を始めている頃ですか?

私は・・・12月に入ってからずっと忘年会が続いたり
両親が遊びに来たり、と未だに何ひとつ手を付けていません。

積み重ねた本などを横目に気にしつつ、
外にふらりと出てみるとピンク色の目立つものが。

秋くらいから大家さんの手伝いの元、また裏の畑に
手を入れ始めました。生ゴミを埋めるスペースを作る為に
耕し始めたのがきっかけで、それからいくつもうねを作り
キャベツやブロッコリーの苗を買ってきて植えて・・・

後は大家さんが大根の種をたくさん蒔いてくれて
今は元気に育ってくれています。

そしてその苗のひとつにイチゴがありその花が
咲いていたわけです!
c0061008_1735697.jpg

名前は忘れてしまいましたが2種類のイチゴを買って
ひとつは白い花が咲いてもう小さな実が付いています。
c0061008_1743221.jpg

キャベツはまだまだだけどでも元気よく育っています。
c0061008_1752034.jpg

収穫出来るのはまだ先のようですが、森の中とはまた別に
こうして身近に植物があると楽しいです。

いつもご飯を作ったりするのに一人だと野菜を買い過ぎたり
使い切れずに傷めてしまうことが多く、もっと大切に
使わないと、と改めて思う機会にもなります。


なぜか一本だけキャベツの横に割り込んで
ぐんぐん葉っぱを広げている大根。
このたくましい大根の今後が楽しみです。
by office-manatsu | 2008-12-26 17:17 | 旧スタッフ
<< 2009年も楽しくいきますっ! ポインセチアと背比べ >>