節分の意味

今日は立春。まだ冷たい風が吹く頃かと思いますが
暦上では、もう春のお知らせです。
そして立春の前日、2月3日は節分でした。
皆さん、豆まきしましたか?

実家にいた頃はよく夕方になると家中の戸を開けて
「鬼はぁーー そとおぉーー!!
 福はぁ〜〜 うちいぃぃーー!!」 と、
大声で豆まきをしていました。
恥ずかしくて小さい声で言っているとお母さんに
「そんな声じゃ鬼が入ってくるわよ」と言われていたのを覚えています。

昨日は豆まきはしませんでしたが、頂いた太巻きを食べました。
節分には毎年太巻きといわしを食べていましたが、
その太巻きを『恵方(えほう)巻き』と呼び、その年の恵方を向いて
願い事を思いながら無言で食べきる・・・
という風習を恥ずかしながら私は今年知りました。

気になったので少し調べてみました。
なんで恵方巻きやいわしを食べるのか?

まず恵方巻きを食べる風習は、福を巻き込むという意味と、
縁を切らないという意味が込められているそうです。
七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きを恵方に向かって
丸かぶり。食べる時はしゃべると運が逃げてしまうので
食べ終わるまでは口をきいてはいけない・・・と。

なんだか無言で食べるなんて味気ないなと思ったのですが
運が逃げないようにという意味合いだったのか・・納得。

元々、節分に巻き寿司を食べる風習は主に大阪の船場で
行われていたそうです。それが現代のようにコンビニで売られたりと
全国的に広がったのは、1977年に大阪・道頓堀で開催された
海苔業界によるイベント「海苔祭り」がきっかけで
「節分の丸かぶり」を取り入れた「巻き寿司早食い競争」が
行われたことに寄ってそのイベントがマスコミで取り上げられ
のちに全国へ広まっていったそうです。


次に、いわしを食べるのは、邪気を払うためにイワシの頭を門口にさした
習慣に由来しているとか。
柊(ヒイラギ)の葉が鬼の目を刺すということ、
いわしの頭の悪臭が鬼を近づけないということから、
節分の夕暮れに柊の枝にいわしの頭を刺したものを戸口に挿し
邪霊悪鬼の侵入を妨げはらう行事からのようです。

『節分』というのは、季節の分かれ目の意味で、
元々は立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれの前日を指していたそうです。
節分が特に立春の前日を指すようになったのは、冬から春になる時期を
一年の境とし、豆まきでその年の鬼を追い払って栄養豊富ないわしや豆を食べて
病気せずに健康に過ごしましょうという先人からの知恵なのでしょう。

昔から続く風習や行事には何かしらの意味合いが込められていて
面白いです。

鬼を払って、福を呼び、これからの一年が良い運びとなりますように〜!
by office-manatsu | 2009-02-04 11:45 | 旧スタッフ
<< 大根だらけ 伝えたいと思う気持ちが与えてく... >>