なんだか筋肉痛

6〜7月、暖かくなってくると集落近辺の草が
勢いをぐーんと増して成長してきます。
そうするとこの時期、集落ごとの「草払い」が行われます。

私が住んでいる平内は先日の日曜日にありました。
前日は雷雨だったので、この雨が続けば中止・・?
なんて思ったけれども、当日は曇り。
朝6時半頃に「本日は予定通り行われます・・・」という町内放送。
蒸し暑いけどしっかり長袖長ズボン軍手姿にカマを持って出かけました。

各班に割り当てがあり、そこからまず始めます。
草刈り機を持っている男性陣がまず刈って、他の人達は
その刈られた草をホウキやカマやシャベルで集めて脇へ捨てます。

雨の後なので道脇に集まっている落ち葉は水を含んで
ホウキでは掃きづらく、持ち上げるのも少し重くなっていて・・。

それでも割り当てのところは事前に近所の人が払っていてくれたからか
すぐに済みました。そして場所を変えて・・・
今度はなかなかの手応えがありそうな草の勢いです。
6人で頑張ってやっていたら、しばらくしてから
助っ人チームがやってきて。そのチームはチームワークもとても良く
アッ!!!という間に進んでいきます。圧倒される上手さ。

小さなちびちゃん達も付いてきていて、中高生は手伝っていて
しっかり大人と同じ仕事量をこなしています。
小さい頃からそうやって大人の仕事を見て過ごして
大きくなったら実際に手伝ってくれるのかな。えらい!

9時に早めの休憩でジュースをパンを頂いて少し回復。
・・・でも。まだまだ甘かった。
作業はまた次の場所へと移り・・
雨が降ったりすぐに明るくなって晴れたり。
そうする中、延々と続くのです。

・・・・・最後の方は話すこともあまりなく黙々と。
60〜70代のおじさんおばさん達も本当によーーく働かれます。
草刈り機が止まると「そろそろ・・終わり?」と私なんかはすぐ思いますが
またしばらくしたらグイィーン・・と動き始める・・・。

ようやく終わって生活館へ行くと「他の班がまだしばらくかかるから
生活館の下のところももう少しやってください」とのお言葉・・。
ガーーーンっとこころの中では思うものの、皆行くので仕方ない。

そこでもやっぱりおじさん達率先してグイィーン・・と。
終わった人たち大勢でやるとあっという間に済みました。
ずんずん前を見て進んで、ふと後ろを見た時のスッキリしている道。

最後は雨と汗まみれでヘトヘトになりましたが、年に一度の草払い。
楽しい・・・とは・・言えませんが、皆が生活する場所を
皆できれいにする。必要な行事なのだろうと思いました。

仕事以外であんなに汗だくになって動いたのは久しぶり。
翌日はなぜかフトモモが筋肉痛でした・・。
by office-manatsu | 2009-06-30 16:22 | 旧スタッフ
<< 夏のおと。 アカショウビンの鳴き声 >>