縄文杉一泊二日トレッキングキャンプにて・・

こんにちは、古賀です。
屋久島は雨と晴れの日がくるくると交互に繰り返され、確実に季節が進んでいます。

オフィスまなつのツアーメニューで縄文杉一泊二日トレッキングキャンプという
メニューがあります。
今年に入り縄文杉一泊二日トレッキングキャンプを何回か担当しましたが、
私が担当する時はキャンプ2日間の内、1日は雨でもう1日は晴れという天候
が多いです。屋久島は雨の日が多いですので、晴れの日はとても貴重です。

貴重な晴れの日の楽しみのひとつが夜空に輝く星を写真で撮ることです。
最近のデジタルカメラは性能がとても良くなったので気軽に星の写真を
撮ることができるようになっています。
夜空は、昔の人間が見た風景とほぼ変わらないものなので最近すごく
惹かれています。

写真家の杉本博司が昔「海景」というシリーズを発表したのは「海を最初に
見た人間はどのように感じたのか」ということがテーマだったらしいのですが、
昔と同じような風景を現代の人が見るとどう感じるかというのは面白いテーマだと
思っています。

先日のキャンプツアーできれいな星景写真(夜空と風景が一緒に写っている写真)が
撮れました。皆さんはこの写真をみてどのように感じますか?
(下の画像をクリックすると大きめな画像になります)
c0061008_15515155.jpg

by office-manatsu | 2010-04-18 15:47 | 旧スタッフ
<< 落ちた花から広がる世界。 春のかさね。 >>