日本山岳ガイド協会の検定会に行ってきました!!

こんにちは、古賀です。
11月の終わりに、大分の久住連山に日本山岳ガイド協会の講習会と
検定会を受けに行ってきました。

屋久島を24日にフェリーで出発、鹿児島から高速で一気に久住へ、
約5時間で到着(高速は楽です)。
c0061008_16472919.jpg

車中で一泊し(写真参照、男2人旅でした。)、朝一番に温泉へ。偶然行き着いた
温泉は黒川温泉の山河旅館でした。
とても良い露天風呂で、温泉後のコーヒーのサービスが最高でした。
黒川温泉は地域一体となって盛り上げている場所で有名ですが、
その噂どおり接客もすばらしい地域でした。勉強になりました。

さて本題ですが、今回は無積期(夏山)の講習会、検定会への参加でした。
ガイドを始めて10年になりますが、ここで一度自分を再確認したいと
思い、日本山岳ガイド協会の登山ガイドの資格を取ることにしました。

検定会では、自己紹介、ルートの紹介、危険箇所の歩き方、ロープワーク、
レスキューetcを、検定員の方々をお客様にみたてて、みっちり3日間行いました。
屋久島以外のフィールドでやると新鮮な反面、自分の良いところや悪いところも
見えてきて再確認するには絶好の機会になりました。

また屋久島のルートでガイドをしていると自分が足を置く場所一歩一歩まで
記憶しているのですが、今回の場所だと「ガレ場ではバランスと落石に注意」
とかの一般的な説明になるので、フィールドごとの特徴「ガレ場、」「はしご」
「稜線」「火山ガス」etcなどを上手く表現することが大事だなと思いました。
c0061008_16462286.jpg

今回、久住連山をフィールドにしてみて、屋久島の山は目的地(縄文杉や
太鼓岩または山頂部)への距離が長いなともあらためて感じました。
久住連山の主要な山頂部に行くのと、白谷雲水峡の太鼓岩まで行くのとあまり
体力的には変わらない、あたりまえだけど屋久島もやはり山岳なんだなと感じ
ました。

次は1月に積雪期(雪山)の試験があります。これも受けて、さらに6月は東京で
筆記試験です。この経験を今後の屋久島の案内へ活かしていこうと思っています
のでこれからもよろしくお願いします。
by office-manatsu | 2010-12-01 16:56 | 旧スタッフ
<< ヤマグルマのバターナイフ 変わり目のとき >>