恒例の春の絨毯です。

c0061008_1821472.jpg


この所の暖かさで一斉に玄関口のクスノキの新葉が展開し、新芽を冬の寒さから守っていた芽鱗が、役割を終えて沢山落ちて来ています。恒例の春の絨毯です。
とても綺麗なので数日そのままで楽しみました。

芽鱗の落下、新葉の展開が済むと今度は去年頑張った古い葉が役割を終えて、これまた沢山落ちて来ます。
落ち葉掃きが大変ですが、それは裏の畑に行って美味しい野菜を育んでくれます。

こういう季節のサイクルは解りやすく安心できますが、核のサイクルは私たちの手に終えません。
by office-manatsu | 2011-03-25 18:23 | 真津 昭夫
<< 三歩進んで二歩下がる ガイドは、編集だ。 >>