素敵な宇宙船地球号

こんにちは、あやこです。

私の好きなテレビ番組に、毎週日曜夜11時から放送している『素敵な宇宙船地球号』があります。毎回、様々な地域の様々な取り組みを紹介していく番組なのですが、5月1日の放送は「流氷は生命のゆりかご」というカナダのアザラシの話しでした。

カナダ北東部にあるセントローレンス湾では、毎年1月から4月まで流氷に覆われるのですが、2月下旬にはタテゴトアザラシが出産・子育ての為に氷上へやってくるそうです。生まれたてのアザラシの赤ちゃんは、それはもう、とてもとてもかわいくて、真っ白でふっわふわな毛のかんじが、テレビ越しに伝わってくるようでした。思わず「かわいいぃ〜〜・・かわいいっ!めっちゃかわいい(*^o^*)!」と、独り言を言ってしまったくらい。

そして、そこではこの期間、そのアザラシの赤ちゃんを目玉に、年間800人もの観光客を集めるウォッチングツアーをしているそうです。

ところが近年、セントローレンス湾の流氷の量が年々減少しているそうで、そうすると、流氷によって成されている地球全体の熱のバランスや、温暖化への助長もしてしまうとか。

「流氷がなくなること、それはアザラシや人間のみならず、地球全体にとっての危機なのです」と結んだ放映。加藤登紀子さんのエンディングテーマ『Now is the time』 がしんみりとこころに響きました。
by office-manatsu | 2005-05-11 15:03 | 旧スタッフ
<< NHK BS-hi「美しき日本... 根っこネットワーク >>