思わぬ鹿児島でのアートな一日でした。

先日、鹿児島へ上がったついでに吹上浜、日置の方まで日帰りプチ旅行に行ってきました。
何も事前計画をしていなかったので、取りあえずレンタカーで、行ったことのない吹上浜まで行って、ゆっくり近くの温泉でも入って帰ってこよう、、ぐらいのゆるい予定でした。
c0061008_16131058.jpg
c0061008_16144746.jpg

今までの経験上、行けば何かメインの拾いものが絶対あるものですが、今回は美山の沈壽官窯でした。
今まで黒薩摩の焼き物なんてあんまり趣味ではないと敬遠していたので、取りあえず、後学のために訪れたのですが、流石伝統のあるものの力は侮れません。薩摩焼というよりも朝鮮磁器の魅力がしっかり現れていて魅了されました。
c0061008_16154818.jpg
c0061008_16161176.jpg
c0061008_16163548.jpg

結果、気に入った皿があったので、お買い上げ。この器に美味しい料理が乗るのかと思えば、また楽しです。

それから帰りに吉野町にある「しょうぶ学園」にも寄ってきました。
しょうぶ学園は、障害を持つ人たちの感性あふれる工芸・現代アート芸術・音楽を中心に創造的な活動を行っているところです。
c0061008_16182510.jpg
c0061008_16185716.jpg

その中でも福満信夫さんの作品には釘付けになりました。繊細で有機的な線は、ジャン・デュビュッフェや小山田二郎の作品を感じさせました。小川の流れている学園の中の風景も気持ち良く、お昼のお蕎麦もとても美味しかったです。

思わぬ鹿児島でのアートな一日でした。 鹿児島へお越しの方も車を借りてゆっくり一日廻られては如何ですか?
by office-manatsu | 2012-03-31 16:34 | 真津 昭夫
<< 懐かしいキノコ、モリーユ 花見流し >>