屋久島での新しい生活にも慣れてきました。

屋久島での生活も9ヶ月が過ぎ、だいぶ慣れてきました。
子供達も屋久島の生活に馴染み、自然の中で自由奔放に遊んでいる姿を見ると、ここに来て良かったと思ってます。

5才の娘にはたくさんの友達ができて、2才になる息子もお姉ちゃんと遊べるようになってきているみたいで、我が家はにぎやかな毎日を送ってます。
c0061008_1643899.png

「適応能力」って言葉がありますけど、僕ら家族は何か一つのきっかけがあると一気に適応していくような気がしてます。
土地が好きになるとか、人が好きになるとか、気持ちが理解されたりとか、入り口はいっぱいあるけど、どこかひとつ開くと一気に広がっていくような。

娘も千葉に大好きな友達がいっぱいいて、最初は馴染めなさそうな感じでしたが、友達ができるとガラっと変わり、毎日が楽しそうです。

遊び方も変わり、落ちてる木で弓をつくったり、みんなで集落中を探検したりと、5才になったこともあるけど、なんか環境って大切だな~って思ってます。
c0061008_16441438.png

by office-manatsu | 2012-06-13 16:46 | 加藤 朗史
<< 梅雨入りした屋久島を歩く 素敵な来訪者 >>