我が家のお風呂、湯泊温泉

最近、急に寒くなり、秋の気配がしみじみと体を通して感じてきます。

さて私事ですが、来年あたり住み慣れた家を引っ越すことになりそうです。
引っ越すと言っても屋久島から出る訳ではありません。お風呂がある家に引っ越せそうなんです。

屋久島以外の人が聞けば、「家にお風呂がないの?」って言われそうですが、屋久島では温泉が近くにある集落では、お風呂がない家も珍しくありません。

屋久島に来たばかりの、お金も家もなく半年間車生活しながら豆腐屋に勤めていた頃は、お風呂がない家でも見つかれば万々歳でした。
現在でも、屋久島の空き家事情は厳しく、なかなか空き家が見つからないのが現状です。
c0061008_18341811.jpg

もうかれこれ、風呂がない生活を3年ぐらい続けていて、近くにある露天の湯泊温泉は、我が家のお風呂と言っても過言ではありません。

雨が降っている時は洗面器を傘代わりに、満天の星空が出ている時は星空観察しながら入る温泉は大変ですが、最高です。

来年から、湯泊温泉にお世話になる回数が減るかもしれませんが、我が家のお風呂はやっぱり湯泊温泉です。
c0061008_18352153.jpg

「是非、一度湯泊温泉に入ってみては?」と、言いたいところですが、湯泊温泉は温度が37度と低いので、これからの時期は尾之間温泉や平内海中温泉をおすすめします。

「我こそは!」と言う方がいらっしゃれば、是非チャレンジしてみてください。
by office-manatsu | 2012-11-02 18:42 | 石我 晋太郎
<< ギョウジャグモ? 自然という揺り籠 >>