永田集落岳参り取材同行

5月21、22日にて永田集落の「岳参り」の取材をするということで担当する事になり、永田歩道から永田岳をめざし同行してきました。
「岳参り」とは、各集落でそれぞれ信仰する山が決まっていて、里の恵みや無病息災を祈るため、山頂付近にある祠にお参りを行う行事です。
「祈願」と「願解き」の年2回お参りが行われています。
c0061008_13595299.jpg

今回は「祈願」に参加させてもらいました。
初日は海岸部(0m)から途中にある鹿の沢(1550m)という小屋まで向かい、2日目の朝に永田岳(1886m)にある祠にお参りといった予定で登りました。コースがとても急勾配なことと、とてつもなく長いので、体力・精神力的にはかなり厳しいコースでした。

体力的にはかなり厳しかったですが、2日間共に晴れていて、早朝も思ったより寒くもなく、ゆっくりと日の出を見ることができました。
5月の岳参りでこんなに天候に恵まれることも珍しいそうです。
c0061008_1403380.jpg

日の出を見た後に、集落の方と一緒に祠に向かいお参りをさせてもらいました。
僕にとって永田集落は、屋久島に一番最初に訪れたときに住んだ場所だったので、この岳参りに参加できたことはとても嬉しく、永田集落の方々の計らいでお参りもさせて頂き、心に残る2日間となりました。ありがとうございました。
c0061008_1405692.jpg

それにシャクナゲも満開を迎えてました。
昨年から莟の量が多く期待してたところ、予想道理とてもたくさんの花を咲かせていました。
by office-manatsu | 2013-05-25 14:01 | 加藤 朗史
<< 屋久杉の年輪解析から宇宙謎の大... 今年のポインセチアは、異常に赤... >>