高千穂神楽

宮崎県、高千穂神社境内にある神楽殿にて毎日行われている観光神楽(かぐら)を観てきました。

11月の下旬から翌年2月までの農閑期、毎週末各集落ごとに高千穂夜神楽33番が、夜を徹して奉納されます。

今回は、その中で代表的な「手力雄」「鈿女(うずめ) 」「戸取り」「御神体」の四番が奉納されました。

初めの三番は天の岩戸伝説を扱ったもの。最後の「御神体」は国生みの神イザナギ、イザナミの酒造りの舞でかなり解放的です。

何時か33番夜通しで観て、古事記の神話の世界にドップリと浸ってみたいものです。

高千穂夜神楽-手力雄
http://www.youtube.com/watch?v=d5fsb5SjHgQ


高千穂夜神楽-鈿女(うずめ)
http://www.youtube.com/watch?v=xV-3oQ5zQow


高千穂夜神楽-戸取り
http://www.youtube.com/watch?v=ChfMSIcNru0


高千穂夜神楽-御神体
http://www.youtube.com/watch?v=CyEY531ljK4

by office-manatsu | 2014-01-13 18:49 | 真津 昭夫
<< 大塩平八郎の乱と屋久島の意外な... 霧島神宮の参道には、杉と松が、、。 >>