屋久島愛は変わらない!

c0061008_16372318.jpg

先日台風一過で清々しい秋晴れの中、屋久島に来島4度目というリピーターのWさんとMさんを太忠岳(たちゅうだけ)にご案内しました。前回は三度とも縄文杉ツアーで、縄文杉命のお二人でした。今回は縄文杉をあえて外されたのですが、縄文杉への未練はまだ捨てきれない様子でした。
c0061008_16384398.jpg

今回のルートの中で、大きなコブが特徴のシャカ杉は推定樹齢2000年とも言われていて、その大きさには圧倒されます。WさんとMさんは写真では伝わらないことを察して「目に焼き付けるのよ!」と心のシャッターを押し続けていました。屋久杉好きなお二人は目をキラキラさせて童心にかえっていました。
c0061008_1639572.jpg

お昼には無事山頂に到着しました。山頂では圧倒される景色や群青色に染まった空に突き抜ける天柱石に日頃のストレスなんか吹っ飛んでいる様子でした。眼下には安房の町が見え、前日に行かれた太鼓岩もしっかり見えていました。ちょうど山頂で一緒になった屋久島出身のガイドTさんも「太忠岳登って、こんなに晴れてるの初めてよ!」と絶賛していました。

「女心と秋の空って言うけど、私達の屋久島愛って変わらないね!」と、WさんとMさんが道中に言っていた言葉は今でも思い出します。是非、また屋久島へ遊びに来て下さいね。次回は黒味岳か縄文杉か迷いますね?
by office-manatsu | 2014-10-01 16:58 | 石我 晋太郎
<< 今年最強の台風19号 特別な日の出に遭遇しました。 >>