台風後の縄文杉報告

こんにちは、加地です。
台風14号も無事?に去った9月8日、早速縄文杉に行ってまいりました。
どうなっていることやらと、ちょっとドキドキしながらのツアーでした。
まず、道路は特に問題なく登山口にまで行けた。登山口のトイレも無事に使えた。(ホッ)
トロッコ道は・・・ふむふむ、落ち葉、落ち枝、等たくさんあるが、
特に通れないような所は無かった。
安房川の水かさはやはりまだ多いものの、にごりは無かった。

天気も良く、お客さんも若い女性二人・・・木漏れ日が、う、美しい!!
何だか森も、一難去ってホッとしているようだった。

大株歩道に入ってからも所々倒木はあるものの、もうすでに除去されていたり整備されていたりして、(早い!)通行に問題は無かった。

翁杉の沢も増水してはいたものの、小さな女の子も(七歳と見た!)
がんばって渡れていた。
翁杉の枝は・・・?無事でした。

大王杉は、周りの木々が倒れたようだが、整備された後で以前より見やすくなっていた。

さて、いよいよ縄文杉までもう少し。すでに見終えて下って来る人たちは、ちょっとゆとりのある顔をしている。「もうすぐですよ」と言ってくれる人もいれば、「あと一時間、がんばって~!」(本当は10分位)なんて、言う人もいる。

そこで、すれ違いざまに知り合いのガイドが妙なことを言った。
「展望デッキの土台が崩れていて、う~ん、三人位なら大丈夫だと思うけど、まぁ気をつけて、行って見たらわかるから。」
え、なになに?
また、ちょっとどきどきしてきた。いったい展望デッキに何があったのか?

「さぁ、いよいよあのカーブを超えると縄文杉ですよ」
「デッキが見えてきました。最後の階段です。え、階段?」
ひょえ~、階段の土台が崩れてる~

c0061008_16473893.jpg


こ、これは怖いなぁ。幸い階段は二つあって、もう一つは降り用の階段ですが、登りと一緒に使うようにしましょう。

さて、縄文杉は・・・やはりそこにいました。枝も折れておらず、今日もそこに立っていました。

展望デッキの土台は崩れたが、縄文杉は無事だった。
やはり数千年生きているんだもんな。
今回の台風は、縄文杉にとっていったい何号くらいになるんだろうか。
きっと、もっともっとすごい目にも遭っているんだろうな。
相変わらず縄文杉を目の前にすると、色々な思いや考えが浮かんでは消えていく。

そしていつも、(やっぱ、君、すごいね。)なんてなれなれしく思うのでした。
by office-manatsu | 2005-09-09 18:46
<< 2年に1度のミラクルフルーツ! あやこの台風報告。 >>