縄文杉の枝折れる!

 こんにちは、久しぶりの投稿の古賀です。今年ももう12月28日、
なんかあっというまに過ぎた一年でした。みなさんはどんな1年でしたか?

 ところで昨日、縄文杉日帰りツアーに行ってきました。雪はどのぐらい
積もっているかなーと、わくわくしながらトロッコ道を歩いて行くと、三
代杉を過ぎたあたりから、トロッコ道の上にも雪が積もり始めました。こ
れは結構積もってるかも・・。さらに進みウィルソン株を過ぎると積雪60
cmぐらい。ただ木道の上は結構雪がしまっていて意外に歩きやすく、
ぐんぐん登っていけました。

さらに進み大王杉を過ぎると積雪100cmぐらい。木道を外れるとズボッ
と軽く膝上まで埋まりました。その雪の上をシカの親子が歩いていて、
とっても大変そうでした。足はズボズボ全部埋まり、逃げてるんだけど動
きが遅くてかわいかったです。がんばれシカ!

c0061008_15222540.jpgさてさらに進んで
ついに縄文杉到着!
縄文杉の近くで積
雪1mぐらい。デッ
キの上は手すりの
あたりまで雪が積
もっていました、
すごい。そしてふ
と縄文杉のほうを
見るとデッキの右
前に太い枝がおち
ている、さらに上
を見るとなんと
縄文杉の大枝が折れているではないですか!びっくり。あんな太い枝も雪の
重みにはたえれなかったのかーと自然の厳しさにしばし呆然としました。
夏は台風、冬は雪に風と長い年月よくぞ生きてきたなと再度感心しました。

c0061008_15244839.jpgその日家でテレビ
を見ていると、縄
文杉のニュースが
放送されていた。
「21日の日に地
元のガイドが折れ
ていること発見し
ました。森林保全
センターによると
もともと朽ち始め
ていた枝だったと
のこと。今後も状
況を見守って行く」
とのコメント。

 ところで個人的には夏前から今年はなんか天候関係であるだろうなと思
っていました。科学的にはまったく根拠はないのですが、その年に樹木の
花がたくさん咲くと、記録的な大雨や雪が降ると僕自身感じています(木
も察して多くの子孫を残そうとしているのかも?)。今年、シャクナゲは十年
ぶりのあたり年、麓ではシャリンバイがやはり花が多かったんですよね。

 日々変わっていく屋久島の風景。その瞬間は一回しか会えないと考えると
普段のツアー中の景色も貴重だなと思った一日でした。
by office-manatsu | 2005-12-28 15:30 | 旧スタッフ
<< 「白い屋久島」再放送のおしらせ。 明日は冬至です。 >>