うれしい贈り物。

こんにちは、あやこです。
今日は久しぶりの快晴。布団を干すにもとっても良い日和です。
気分転換に、ブログの壁紙を変えてみました。如何でしょうか?

最近、屋久島ではよく無人市(野菜などの無人販売100円市)に
ぽんかん(屋久島で採れる今が旬のみかん)が並んでいます。
私も、大家さんにたくさん頂いたので、毎日食べ、さらにそれを搾って
ぽんかんジュースを作ったりしています。
すっかり、「みかん=ぽんかんの味」になっていたこのごろ。

そんな時、広島の友人より、みかんや野菜が届きました。
小ぶりの甘いみかん。房も小さい。懐かしい甘い味。

そのみかんを食べた瞬間、うち(京都の実家)のこたつが
思い浮かんできました。みかんが大好きな父が
いくつもいくつも食べて、その皮をどんどん重ねていく光景。
そこからまた更に、いろんなものが連想されます。
りんご、栗、お茶、甘いもの。トランプ、百人一首。うたたね・・・。

話は戻って、野菜やみかんの贈り物。
私は小さい頃から手紙を書くのがとても好きで、
さらにその返事を開く瞬間、そして、読むのもとても好きです。
それと同様に、小学生の時「せんせい、あのね」という
その日にあった出来事を書く宿題があったのですが
それを書くと先生が最後に一言書いてくれます。
宿題を返してもらった時、その一言を読むのが楽しみで
その為に書いていた・・のかもしれません。

昨日、贈り物の箱を開く時、宿題のノートを開く時のように
とてもわくわくしていました。

贈り物、みかんの味。
そんな小さなきっかけが、たくさんの光景を思い浮かばせてくれます。
こんな時、いろんな味、音、景色が、私の中にある事を実感します。

そんな風に、ずっとこころの中にあるものを
これからも大切にしていきたいと思います。
c0061008_14101061.jpg

by office-manatsu | 2007-01-10 14:14 | 旧スタッフ
<< 二十三夜祭/トコロ 鬼火焚き巡りと祝い申そう >>