桜道をゆく・・。

c0061008_1437888.jpg

こんにちは、彩子です。
昨日でゴールデンウィークも終わり、今日から働き始めている方も
多いだろうと思います。ゴールデン!な毎日を過ごされたでしょうか?
休みぼけしていませんか?

ここ数日、多くの観光客の方で森も賑やかになっていましたが
昨日は朝方強い雨が降ったこともあり急に人の少ない
静かな森になっていました。

最近、山ではサクラツツジ、ヒカゲツツジ、ハイノキ・・、
たくさんの花が咲きとても鮮やかです。
前回咲いていなかった花が、今回行くと咲いていたり。
毎回毎回少しずつ変わっていくその変化を見たり
その変化に気付く瞬間がとてもわくわくします。

今年は4月初旬からヤマザクラがとてもきれいに咲いていたのですが
標高の低いところから徐々に花が開いていく様子を
毎回楽しみにしていました。
桜を見る時は、その花全体を見て桜色を楽しみますが
屋久島ではトロッコ道や山道を歩いている時、少し違った楽しみ方があります。
木の背丈が高かったり他の木に隠れて花が見えなかったりするので
咲いている花を見るのではなく散った後の花びらを見て楽しむのです。

縄文杉へ向かう時、約8キロのトロッコ道を歩くのですが
花びらの散っている場所が毎回行く度に少しずつ標高の高い方へ
高い方へと移動していきます。
普段は落ち葉などの茶色が多いトロッコ道も
そういった時はとても華やかです。

今年は縄文杉へのトレッキングをご案内したお客さんに
こんなすてきなことを教えてもらいました。
「桜の舞う花びらを受け取れたらしあわせになれるんですよ」

度々立ち止まって桜吹雪を見たり、花びらを受け取ったり
4月から長い期間に渡って桜を楽しめました。
もう今は新芽も展開して鮮やかな緑色になっています。
また来年、桜に出会えるのが楽しみです。
by office-manatsu | 2007-05-07 14:39 | 旧スタッフ
<< 北部タイを訪れて・・・no.2 自然界の螺旋構造 >>