紀伊半島神社巡りの旅に行ってきました。

年の瀬も押し詰まってきた先週、紀伊半島神社巡りの旅に行ってきました。
行程は、奈良/大神(おおみわ)神社--三輪山--春日大社--春日山原始林--伊勢神宮外宮--内宮--熊野那智大社--熊野本宮大社--湯の峰温泉--南方熊楠顕彰館--下鴨神社(糺の森)--益富地学会館といった日本の精神のルーツを味わうような旅となりました。
c0061008_9475461.jpg

くわしくは、年明けにでもまとめてご報告できればと思っていますが、取りあえず、ホットな感想を書いてみます。
先ず、何と言っても今度の旅のメイン、伊勢神宮ですが、2000年培われてきた文化・伝統・精神性には、とてつもなく大きい意志を感じ、背筋がピーンと伸びる気がしました。
c0061008_13113878.jpg

c0061008_13124633.jpg

c0061008_13145673.jpg

神社を取り囲んでいる原生林もとても素敵な森でした。千年前後の杉や楠が生い茂る森は、太古の森を感じさせてくれ、屋久杉の森と比較するのも興味がありました。
翌日、朝5:00am まだ夜明け前の暗い時間に一人で参拝に行ったのですが、これがまた最高でした。雨上がりの人気のない太古の森で神気に浸った時間は、今思い出すだけでも鳥肌が立つ感じがします。
熊野の神社は、仏教との習合が起こっていて、今回はあまり馴染めませんでした。
いずれ違う目線で再チャレンジしたいと思いました。
c0061008_1344975.jpg
最後に和歌山県田辺で南方熊楠顕彰館に立ち寄りました。天才博物学者熊楠の私邸や記念館の展示物を見て、熊楠が自然全体を把握するのに如何に情熱を注いだかが理解され、こちらもパワーをもらったような気がしました。
全体的に研修旅行みたいになってしまいましたが、今後に繋がる良いヒントをいっぱい得られた良い旅でした。
by office-manatsu | 2007-12-23 13:23 | 真津 昭夫
<< スペシャル版「屋久島〜世界遺産... こたつむり発見! >>