はじめてのぽんかんちぎり

少し遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
本年も楽しい屋久島の一場面を
このブログを通してお伝え出来ればと思います。
今年もよろしくお願い致します!!

年末年始はぐんと冷え込み山は雪。
海も荒れ欠航が続きました。
集落から見た山々も頭にはうっすら積もっている様子でした。
数日経った今、お天気が続いたこともあり
前岳の雪は溶けていますが山間部はまだ残っているようです。

さて。
12月に入ってから無人市ではたくさんのぽんかんが並んでいます。
わたしもうちではこたつとセットになっています。

昨日そのぽんかんの収穫のお手伝いに行ってきました。
ぽんかんちぎりは初めてのこと。ちょっとわくわくしながら行くと・・
まだまだ木にたくさんなっています。
c0061008_15475592.jpg

郵便屋さんが持っているような
大きめの袋を首からかけ、剪定ばさみで切ったぽんかんを
その袋へ次から次へと入れていきます。
そしていっぱいになったらキャリーへころころころっと移します。
c0061008_15493363.jpg

だいたい袋3回分が1キャリー。
始めの内は話しながら。そのうち、無我夢中で収穫していました。
とりたてのぽんかん。
「これが美味しそう!」「これこそ甘いか!」と
いろいろと楽しみながら。
c0061008_1551148.jpg
楽しい〜〜

脚立も使って取りますが、脚立を使えないところでは
木に登って。バランスを取りながらは少し大変ですが
これがまた楽しい。

木の下から見上げるとぽんかんの重さで枝がしなっているのが分かります。
重いんだねぇ、と思いながらぱちんと切ると
ぴよんっと枝がはじいて戻ります。
一日の終わりの方は「ぽんかんを収穫する」という目的ではなく
「ぽんかんを取って重さから解放させてあげる」というところに
興味がいっていたように思います。

朝から夕方までみっちりぽんかんちぎりの一日でした。
でもわたしがお手伝いしたのはたったの一日。
みかん農家の方は収穫の時期、毎日毎日・・のこと。
収穫が終わってももうすぐ花芽がつき、
芽摘みをしたり・・・と仕事は年中続くのだなぁと。

ぽんかんをちぎりながらそんなことを考えていました。


みかん畑の隅っこにはバナナの木が。(中央上にバナナもなっています)
c0061008_16153173.jpg

by office-manatsu | 2008-01-06 16:22 | 旧スタッフ
<< 6年前の屋久島旅行〜青春18切符 スペシャル版「屋久島〜世界遺産... >>