カテゴリ:旧スタッフ( 209 )

季節のおいしいもの。

食欲の秋。実りの秋。屋久島でもおいしいものが目白押しです。

●安納いも
お隣の種子島が名産のさつまいもですが、屋久島でも栽培されていて、いまあちこちで見かける事ができます。
クリームのようにねっとりと甘〜い。
女性は「いもくりかぼちゃ」が大好きだと言われますが、私も例にもれず。
一本のつもりが、ハッと気がつくと何本も食べてしまっていることも・・・。
c0061008_18452252.jpg

●グアバ
屋久島ではいまグアバが実りのピークを迎えており、うちの庭のグアバも毎日毎日たくさんの果実を実らせ、トロピカルな南国の香りを辺り一面に漂わせています。
ジュースにしたり、ペーストにしてヨーグルトにトッピングしたり、シャーベットにしたりとあれこれ楽しんでいますが、生の状態では日持ちしないので、先日ジャムに加工してみました。
ハッとするほどのピンク色はとても美しく、なんといってもほかの果物にはない南国のかほりにうっとりです。

c0061008_18463223.jpg

ほかにも、パイナップルやバナナが食べごろにさしかかっていて、これもまたあちこちに売りに出ています。

これらの農産物は、土産店やスーパーでも手に入る事もありますが、なんといってもお薦めは無人市!
県道を車で走らせるとあちこちにある小さな無人市の看板をみつけたら、是非足を止めて覗いてみてください。
すぐ近所の農家さんが育てて下さった旬の果物や野菜がだいたい100円で売られています。
箱の中に100円を入れて、好きなものを選ぶのはワクワクしますよ。
無人市もそれぞれ個性があり、いろいろ較べるのも楽しいです。
屋久島のローカル感たっぷりのお土産にいかがですか。


最後に、個人的にお気に入りなのが、「屋久島町まごころ市 ぽん・たん館」。
地元の農産物や、施設内で加工されたジャムやお菓子、ジュースなどの特産品が売られていて、お値段も嬉しい価格。
ここもなかなか楽しく、通る度にチェックしています。
トローキの滝のすぐそばです。
千尋の滝からも近いので、千尋→トローキ→ぽんたん館、という感じで、是非のぞいてみてくださいね。
by office-manatsu | 2009-09-30 17:50 | 旧スタッフ

この夏でうまれたご縁の数は

こんにちは。長らくご無沙汰していましたブログようやく更新です。
楽しみにお待ち頂いていた皆さま、すいません・・・。

9月に入った頃から随分と涼しく、過ごしやすくなり
山ではちらほら紅葉も始まっています。
縄文杉も着生植物が紅葉して秋色になっていますよ。

今年の夏もたくさんの方に出会い一緒に山を歩きました。
多くの人を見ているとたまにこんなことを思います。

地元にいて生活している時、例えば私だったら
実家の京都へ帰った時電車に乗って周りを見渡すと
高校生くらいの制服を着たキャピキャピした女の子達から
スーツをピシッと着て背筋を伸ばして座っているサラリーマン、
どこのお店がよかったとか、何が美味しかったとか
おしゃべりの尽きないおばちゃん達。
いろーんな人が乗っています。

その時はまったく接点がないように見えても
もしかしたらあの人もこの人も、来月屋久島に来る人かもしれない・・
今日アウトドアのお店へ行って靴を見てきた帰りかも。
旅行会社で予約してきてワクワクしている時かも。
・・・そんな風に考え始めると、その時はまったくの他人なのが
ちょっと親近感が沸き始めます。

私だったら、もしかしたらお客さんとしてご案内する方かも。と思うし
皆さんの立場だったら、もしかしたら一日一緒に歩くかも、と連想出来ます。
ツアーが一緒じゃなくてもどこかでカメラのシャッターをお願いするかも、
山ですれ違って挨拶するかも・・・。(と考えるときりがありませんね)

年齢も世代もまったく違う人同士が
いろんな話しをしながら一日を過ごすって、
考えてみるとあんまり普段にはないことだろな、と思うと
不思議で、でも面白いですね。
一人知り合いが増えて、知らない土地にその人がいると思うと
ぐんとその土地が近くに感じたり
ニュースでそこが出てくると気になったりします。

先日は今年ご案内したお客さんからこんな嬉しいお便りが届きました。
ツアーでご一緒した方が、訪ねて遊びに来てくれたんだとか。

今年のこの夏で、屋久島をきっかけに
つながったご縁が一体いくつあったのでしょうか。
良いご縁がたくさんつくれるといいなぁと思います。

c0061008_16111855.jpg
 うちのプチトマトは今になってようやく実ってくれました。美味しかった!
by office-manatsu | 2009-09-23 16:19 | 旧スタッフ

お盆休み突入

セミが賑やかに鳴いている山、里。
観光客の方も増え、車通りも賑やかになった気がします。

夏バテ、夏風邪、体調崩していませんか?

夏のオンシーズンはスタッフがフル稼働で動くので
スタッフ同士が「久しぶり!」なんて挨拶をしています。

身体が疲れた時には温泉が効果的だと先輩ガイドさんに言われ
先日のお休みには早速尾之間温泉へ行ってきました。
去年までは毎日入っていたのに、久しぶりに入ると
なんと熱いこと! こんなに熱いお風呂に毎日入ってたの・・? と思うくらい。

でも、あせもになりかけていた肌が温泉効果なのか
ひどくならずに治ってしまった気がします。

忙しいと、なかなかこのブログが更新出来ずにいますが
スタッフ皆元気に頑張っています!
c0061008_16183441.jpg
        おいらも元気だよ〜(サザナミヤッコ)
by office-manatsu | 2009-08-13 16:21 | 旧スタッフ

夏といえば・・・!

時間が過ぎるのがあっという間で、
もう7月も下旬にさしかかるかと思うと
驚くばかりです。

まだまだ先と思っていた皆既日食もいよいよ明後日ですね!
お天気が気になるところですが・・。
私は今日日食メガネを買いました。
果たして使う機会はくるのでしょうか。

それにしても毎日暑いです。寝ていても起きていても
じっとしていても運動していても・・暑い!
そろそろ”あせも”が出来そうです。

夏といえば。あなたは何を思い浮かべますか?

私は・・・

c0061008_15331877.jpg
    ひまわり!少し前まで小島集落で満開でした

c0061008_1534728.jpg
     花びらの重なる部分がきれいです

c0061008_15343066.jpg
  セミ!山を歩いていても里でもよく抜け殻を見かけます。目の玉の形までくっきり出ていていつも感心します。

c0061008_15355536.jpg
  川沿いの提灯 夏になると登場する提灯。川に映るのがまたきれい。

c0061008_15365620.jpg
    風船のようにも見えます。

c0061008_15404323.jpg
    そして土用の丑の頃には梅を干す。

今年初めて梅干しを作ることにしました。
梅雨が明けてお天気が続くようになったら干すとのことで
土用の頃に干すのがいいと聞きます。
今回は少量でしたがこれは楽しいなーと思い、また来年は
たくさん作りたい気持ちになりました。


そして、夏。なんと言っても忘れてはならないモノは・・・
c0061008_16255856.jpg
    お祭り!生ビール!

先日、平内で温泉祭りがありました。
引き続き、昨日今日は安房での夏祭り。
今夜は花火もあがります!まだまだ夏バテしている場合ではありませんっ!

あなたはこの暑い夏、どんな風に過ごしていますか?
by office-manatsu | 2009-07-20 16:29 | 旧スタッフ

夏のおと。

今日の屋久島は快晴。空が青い!海が青い!
ここ数日は曇ったり雨が降ったり晴れたり、と、空模様はウンウンとせめぎあっていて、まだはっきりと梅雨明けしていませんが、7月に入ったとたん、はっきりと変わったことがあります。
それは「おと」。

セミが一斉に鳴き始めました。

森の中ではヒメハルゼミの大合唱。

一匹鳴き始めると、みんなつられるように。
しばらく鳴いて気が済むと(?)また静かに。
それを朝から夕方まで繰り返しています。
オスがメスに求愛する為の鳴き声。
その音に命のすべてをかけて。
こうして命はつながれていくんですね。

この、ヒメハルゼミの低くてちょっとくぐもったような鳴き声は、屋久島の照葉樹林のちょっと薄暗い森にとても馴染んでいて、大好きです。

森歩きは、目で見るだけでなく、五感すべて、はたまた第六感まで駆使してすべてで感じるものだと思いますが、音に関しても耳という器官でキャッチするだけでなく、振動となったその響きを存在全体で受け止め響き合っているのを感じることで、私たちも森の一員としてこの身体全体でより親密に森に交わることができるなあと感じています。

里では、ニイニイゼミやアブラゼミの高い鳴き声が強い日差しと共鳴しています。
屋久島の梅雨明けももう間近でしょうか・・・。
by office-manatsu | 2009-07-07 12:13 | 旧スタッフ

なんだか筋肉痛

6〜7月、暖かくなってくると集落近辺の草が
勢いをぐーんと増して成長してきます。
そうするとこの時期、集落ごとの「草払い」が行われます。

私が住んでいる平内は先日の日曜日にありました。
前日は雷雨だったので、この雨が続けば中止・・?
なんて思ったけれども、当日は曇り。
朝6時半頃に「本日は予定通り行われます・・・」という町内放送。
蒸し暑いけどしっかり長袖長ズボン軍手姿にカマを持って出かけました。

各班に割り当てがあり、そこからまず始めます。
草刈り機を持っている男性陣がまず刈って、他の人達は
その刈られた草をホウキやカマやシャベルで集めて脇へ捨てます。

雨の後なので道脇に集まっている落ち葉は水を含んで
ホウキでは掃きづらく、持ち上げるのも少し重くなっていて・・。

それでも割り当てのところは事前に近所の人が払っていてくれたからか
すぐに済みました。そして場所を変えて・・・
今度はなかなかの手応えがありそうな草の勢いです。
6人で頑張ってやっていたら、しばらくしてから
助っ人チームがやってきて。そのチームはチームワークもとても良く
アッ!!!という間に進んでいきます。圧倒される上手さ。

小さなちびちゃん達も付いてきていて、中高生は手伝っていて
しっかり大人と同じ仕事量をこなしています。
小さい頃からそうやって大人の仕事を見て過ごして
大きくなったら実際に手伝ってくれるのかな。えらい!

9時に早めの休憩でジュースをパンを頂いて少し回復。
・・・でも。まだまだ甘かった。
作業はまた次の場所へと移り・・
雨が降ったりすぐに明るくなって晴れたり。
そうする中、延々と続くのです。

・・・・・最後の方は話すこともあまりなく黙々と。
60〜70代のおじさんおばさん達も本当によーーく働かれます。
草刈り機が止まると「そろそろ・・終わり?」と私なんかはすぐ思いますが
またしばらくしたらグイィーン・・と動き始める・・・。

ようやく終わって生活館へ行くと「他の班がまだしばらくかかるから
生活館の下のところももう少しやってください」とのお言葉・・。
ガーーーンっとこころの中では思うものの、皆行くので仕方ない。

そこでもやっぱりおじさん達率先してグイィーン・・と。
終わった人たち大勢でやるとあっという間に済みました。
ずんずん前を見て進んで、ふと後ろを見た時のスッキリしている道。

最後は雨と汗まみれでヘトヘトになりましたが、年に一度の草払い。
楽しい・・・とは・・言えませんが、皆が生活する場所を
皆できれいにする。必要な行事なのだろうと思いました。

仕事以外であんなに汗だくになって動いたのは久しぶり。
翌日はなぜかフトモモが筋肉痛でした・・。
by office-manatsu | 2009-06-30 16:22 | 旧スタッフ

子鹿の季節

こんにちは、古賀です。
今日はようやく梅雨らしく、雨が降っています。

ところで先日、ツアーで宮之浦岳縦走に行ってきました。梅雨にしては珍しく快晴で気持
ちの良い登山でした。

頑張って歩き、宮之浦岳を越えて、平石、坊主岩までたどり着くと、
そこにはかわいい子鹿が!
c0061008_15104824.jpg


きれいに赤くなった空と空を見つめる子鹿。
c0061008_15122178.jpg

c0061008_15131246.jpg

きびしい天候が多い屋久島の山岳部でこれから生きていく子鹿に
「がんばれ!」と心のなかで応援しました。
降り帰った子鹿の目が印象的でした。

小屋では満天の星空、子鹿を思いつつ朝まで熟睡しました。
by office-manatsu | 2009-06-18 15:14 | 旧スタッフ

○木漏れ日○ 

梅雨入りしたにもかかわらず、お天気の続く屋久島です。

先日の縄文杉日帰りトレッキングツアーも晴れ。
前の日に降った雨の湿気は霧となり、苔もしっとりと潤って雫はキラキラと光り、
朝からとても美しい森を楽しめました。

晴れた日の森は、木漏れ日が私たちを楽しませてくれます。
私が木漏れ日が丸いという事に気づいたのは、屋久島に来てからでした。
ある晴れた日の縄文杉の帰り道、長く続くトロッコ道に、頭上の木々の枝葉が風に揺れて美しい影を作っているのに見とれながら歩いていました。
ふと、枝葉の形の影に重なる様にして、光の○がいっぱいある事に突然気づきました。
c0061008_14404032.jpg

 ○      ○      
     ○        ○
○       
    ○
風が吹くと、○も揺れる ○ 
    ○がついたり、消えたり     ○
        ○        ○
 ○        ○     
c0061008_14394828.jpg
ピンホールカメラと同じしくみなんですね。
幾重にも重なった葉の間を通った小さい穴からのそれぞれの光が太陽の形○になって映るのです。


この日も、お客様と○探しに夢中になりました。
地面に映ったたくさんの太陽○。

7月22日は、皆既日蝕が屋久島で見られます。
このピンホール木漏れ日のしくみは、太陽そのままの形が映るということならば、
日蝕が完全に重なる前後の、太陽が三日月状態に見える時は???

どうやら、木漏れ日も三日月型になるらしいです!!

ワクワクしてきました。
空と地面、たくさんの太陽○
さあ、どこで日蝕観察しようかしら・・・。
by office-manatsu | 2009-06-16 14:50 | 旧スタッフ

静かな雨の日に聞く曲は・・。

梅雨入りしてからここ最近はしとしと雨が降り続いています。

雨を家の中で眺めながら過ごすのがけっこう好きで
最近は家にいることが増えました。
気候も涼しく、雨で花粉も飛ばない為鼻づまりもなく
なんて過ごしやすいのか!

ちょうど梅がたくさん出ている時期なので
日本酒やマイルドスピリッツというお酒で梅を漬けたり
梅シロップも氷砂糖と黒砂糖の2バージョンで漬けたり
梅干しもちょっと作ってみようかと。

そんな中、知り合いから新作CDのお知らせが届きました。
音楽環境、サウンドスケープに関わっている大学の先生で
とても優しい音でピアノを演奏される小松正史さんのCDです。
今、京都タワーの中で流れている曲は小松さんのピアノの音色です。

何枚かCDを出されているのですが、ちょうど
私が一人でお客さんを案内するようになった頃に発売されたCDがあって、
緊張する気持ちをなんとか落ち着かせる為毎朝毎晩聞いていました。

ピアノだけの音色で、弾むように軽やかな楽しくなる曲や
ゆっくりとどこか切ない曲や。水の上に雨が落ちきて
水の上でダンスしている景色をイメージするような曲もあり
無駄な音がない、というか、そのままストンと染みこんでくる、というか・・・。
頭や気持ちをすっきりさせたい時によく聞いています。

そして、その小松さんの新作CD『Life』が出るというお知らせで
早速注文して先日届きました。
そうするとジャケットが一般的なプラスチックではなく
薄っぺらな紙でした。開いてみるとこんな説明文が。

ーー私は環境問題の意思表示として、この作品に紙ジャケットを使いました。
紙はプラスチックに比べ、燃焼時にCO2排出量が9割程度カットされることが
試算されています。この紙ジャケットには、どこの森林から切り出された木材かが
特定でき、適切に管理された森林から作られていることを証明できる「FSC認証紙」を
使い、地域の森林保全に貢献しています。また、水なし印刷と大豆油インクを選択し、
過剰な環境負荷を抑えました。形状も廃棄を減らすため簡素にしました。
CDの出し入れには不便をきたしますが、エコ活動への一歩とご理解いただければ、
幸いです。

自分がどんなものを生産するか。
きっと小松さんは自分の納得のいくものを編み出していって
その結果が今のこの『Life』という形になったのだろうと感じました。

私がガイドで生産するもの。そして、それとは別で生活の中で
生産するもの、消費するもの。その形、方法について注意して過ごしたいと思いました。

皆さんももし機会があれば是非聞いてみてくださいね。
by office-manatsu | 2009-06-14 16:54 | 旧スタッフ

屋久島らしい

「ひと月に35日雨が降る」などと形容される屋久島ですが、
私が屋久島に越して来てからのこの二ヶ月は、本当に数えるぐらいしか雨の日がなく、
常に激しい雨に見舞われるのを覚悟してきた割に拍子抜けでしたが、
ここのところ、ようやく雨降りの日が増えてきました。
雨が降ると、屋久島に住む人も観光客も「屋久島らしい」とよく表現します。

雨が降った後の息をのむほど美しい森や、あっという間に増水してものすごい勢いでごうごうと流れる沢。
また、頭のてっぺんからつま先まで、カッパの上から雨水が入って来てずぶ濡れの森歩きだったり、ワイパーも効かない程の突然の土砂降り、
などなど、噂に聞いていた「屋久島らしい」経験を着々と積み重ねています。
c0061008_18524678.jpg


今日は私は山の仕事はお休みだったので、
朝、簡単な天気予報(晴れマーク)と空の様子(太陽バッチリ出ていて暑い)をチェックして、洗濯をして、外に干しました。

昼からの事務仕事をしにオフィスへ向かって、太陽が照りつける中、原付に乗り数分走ると、

え・・・?山の上の方を黒い雲が覆っている・・・。

見なかったことにしてそのまま走っていると、さっきまで真夏のように暑かった空気が
なんだかヒンヤリとしてきました。

え、え、え・・・?

山の雲はどんどん垂れ込めて来る。
山の稜線が目印になって、どんどん雲が垂れ込めるのがはっきりわかるのです。
垂れ込める、という言葉がこんなにもリアルに現れているのを私は初めて見た気がします。
c0061008_18534072.jpg

そして、数時間後の今現在。
土砂降りです。
かなりの土砂降り。
屋久島らしいです。

いまごろ家の洗濯物は、すっかりずぶ濡れでしょう。
帰りもカッパなしで原付です。とほほ。

雨の多いここ屋久島では、先の天気を読めるということはガイドとして必須です。
読み間違えば思わぬ事故にもつながりかねません。

今、前線って何?の初歩レベルから、改めて天気の事を勉強中です。
空気がどんな動きをすると天気にどんな変化が生まれるのか。
気圧の事、雲の形、生き物の様子・・・。
全部全部をつぶさに見てその関係を感じながら、
そして、こうして実際に痛い思いをしながら、
人は自然とともに生きて行く力を掴んでいくんだな〜としみじみ。

間もなく梅雨入りもしそうです。
「一ヶ月丸ごと雨ばかりで、家の中のものが全部カビだらけになるよ。」といろんな人に脅されています。
そんな経験も、季節がめぐると共にひとつひとつ積み重ねられて行く事がとても楽しみです。

そして。
これを書いているうちに、また晴れて来たではありませんか・・・。

屋久島・・・。
あー、本当におもしろいところです。全く予想がつきません。
ほんと、屋久島らしいです。
by office-manatsu | 2009-06-06 15:01 | 旧スタッフ