カテゴリ:加藤 朗史( 13 )

梅雨入りした屋久島を歩く

c0061008_1811453.jpg

6月に入り屋久島も梅雨入りしています。
梅雨というと雨が多く、カビの匂いやジメジメした感じがします。

そういえば、なぜ「梅雨」って書くんでしょうか?

早速調べてみたところ、湿度が高く黴(カビ)が生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と言われていたのが、カビでは印象が悪いため、同じ「ばい」で季節に合った「梅」の字を使い「梅雨」と言われる説や、「梅の熟す時期の雨」という意味で呼ばれた説、それ以外にも「露(つゆ)」からきたとか、いろいろとあるみたいです。

この時期は洗濯物もなかなか乾かず、「あ!」っと気づくとぞうきんを絞ったような匂いがして、半乾き状態の衣類を着たときは、もう気になって、気になって大変です。

良く町で見かける「コインランドリー」この時期は、使用頻度が高くなると言われています。
1ヶ月に35日雨が降る島とも言われている屋久島にも、コインランドリーはあります。この時期衣類はなんとか干したとしても、ジメジメした布団では寝たくないと思っているので、お世話になるべきか?節約するか?悩むところです。

さてガイドをするようになってから雨の中を歩くことが増えました。
僕は、雨の中でサーフィンを何時間もしたことは良くありましたが、ウエットスーツでのことで、服を着て長時間歩くっていうことは屋久島に来て初めての体験でした。

最初の頃はドキドキしていましたが、体験するとびっくりです!
いったん森に入ってしまうと、葉っぱが傘代わりに!!

もちろん土砂降りになれば降っては来ますが、森の外より中の方が格段に歩き易い! そして晴れの日の森とは違った景色や雰囲気を楽しむことができます。
c0061008_1822868.jpg

今までしなかった経験を広げると、また見える世界も変わってくると思います。
6月の梅雨時期は森の中も静かな時期ですので、いつもと違った視点で屋久島の森を楽しんでみても面白いかもしれません。

来られるときには、絶対雨具の用意はお忘れなく!
by office-manatsu | 2012-06-17 18:32 | 加藤 朗史

屋久島での新しい生活にも慣れてきました。

屋久島での生活も9ヶ月が過ぎ、だいぶ慣れてきました。
子供達も屋久島の生活に馴染み、自然の中で自由奔放に遊んでいる姿を見ると、ここに来て良かったと思ってます。

5才の娘にはたくさんの友達ができて、2才になる息子もお姉ちゃんと遊べるようになってきているみたいで、我が家はにぎやかな毎日を送ってます。
c0061008_1643899.png

「適応能力」って言葉がありますけど、僕ら家族は何か一つのきっかけがあると一気に適応していくような気がしてます。
土地が好きになるとか、人が好きになるとか、気持ちが理解されたりとか、入り口はいっぱいあるけど、どこかひとつ開くと一気に広がっていくような。

娘も千葉に大好きな友達がいっぱいいて、最初は馴染めなさそうな感じでしたが、友達ができるとガラっと変わり、毎日が楽しそうです。

遊び方も変わり、落ちてる木で弓をつくったり、みんなで集落中を探検したりと、5才になったこともあるけど、なんか環境って大切だな~って思ってます。
c0061008_16441438.png

by office-manatsu | 2012-06-13 16:46 | 加藤 朗史

オフィスのニューフェースです。加藤です。

みなさん初めまして、今年からオフィスまなつでガイドの勉強を始めた加藤です。
明朗活発なタイプで、明るく、楽しくをモットーにしてます。

昨年まで千葉県、九十九里にあるサーフメーカー&ショップで働いていました。
この度縁あって海から山へと仕事を変えて、現在は屋久島の森を探索しながら楽しんで仕事させてもらってます。

海もいいですが、山ってこんなに素晴らしいんだ!!って36才にもなって初めて気づきました。

初めて屋久島の森に行った時の感覚は、今でも覚えてます。
実際自分の眼で見て、森の空気をすい、沢の水を飲み、植物などに触れる事で、人からの話や本からでは伝わりきれないものを、実際自分がその場所に行くことで初めて体感できました。

立ち止まって大きく深呼吸すると、なんか生きてるって感じで、生かされている事への感謝の気持ちが湧いてきます。
c0061008_14404323.jpg

現在は、ガイドという仕事を通じて、様々な情報を学び、今までとは違った視点も生まれてきました。
知らない事を知っていく楽しさも、この仕事の魅力だと思ってます。
そして何より僕は、人と触れているのが大好きです。
c0061008_14411422.jpg

季節とともに移り変わる島の森は、何度行っても飽きる事がない素晴らしい所です。屋久島の素晴らしさを皆さんとご一緒できれば、幸せです。

今後もよろしくお願いいたします。
by office-manatsu | 2012-04-28 14:49 | 加藤 朗史