カテゴリ:ツアー参加者( 14 )

素敵なランチタイム

先日、屋久島に佐賀県から男二人旅で来られた親子さんを縄文杉にご案内しました。

縄文杉近くでの昼食の時、ポカポカした春の陽気で眠たいのか、うつろな目をしたヤクジカが倒木の上で休んでいました。

こちらが近くでお弁当を食べていても、ヤクジカはその場を動こうとせず、いつになく素敵なランチタイムになりました。
c0061008_1636843.jpg
c0061008_16391454.jpg

よく見ると、まだ生まれて1年ぐらいの子ジカで、まだ幼さが残っていてとても可愛かったです。

ランチタイムにこんな感じで、野生動物と一緒に平和な時間を過ごせるのも屋久島ならではの一時でした。                   - - - 石我
by office-manatsu | 2013-04-03 16:57 | ツアー参加者

シェアハウスで快適都会生活

今回は女性4名のお客様を縄文杉にご案内しました。
天気予報が雨から晴れに変わって、快晴!午後パラパラと降りましたが、とっても歩きやすい一日となりました。

皆さん普段はあまり山には行ったことがないなんて言ってましたが、「歩くのもいいですね」と、自然とふれあって楽しそうにしていました。
c0061008_1319537.jpg
さて、道中いろいろな話を聞いていると、皆さん都心で「シェアハウス」に住んでいるとのこと。
「シェアハウスですか?」といろいろ話を聞いてみると、高級一戸建て物件を16人でシェアして生活しているとのことでした。
「へ~!16人ですか?」と僕はびっくりしてしまいましたが、今はこういったスタイルで生活する人が都心では増えているとのことです。専門の不動産屋さんもあるとのことです。

海外にいくと、宿代節約でシェアハウスを良く見ましたが、日本でも共同生活を送る方々が増えているそうです。
c0061008_13212695.jpg
いつか結婚などして、お互いが別々になっても、同窓会のようなものがあって「あの時はね~」なんて話しているのかも知れません。

僕も中高6年は全寮制の生活をしていたので、共同生活には慣れてますが、大人になって送る共同生活はまたちょっと違った楽しみがあるんでしょうね。

今度は是非16人で屋久島にシェアトリップしにきてください。    --加藤
by office-manatsu | 2013-03-26 13:31 | ツアー参加者

古希のプレゼント

今回、息子さんたちからの古希のプレゼントで縄文杉日帰りトレッキングに参加された斉藤さんご夫妻。

70歳という年齢を微塵も感じさせない体力に驚かされ、またその明るい笑顔でこちらもつい笑顔がこぼれる楽しいツアーになりました。
c0061008_17383625.jpg
縄文杉は息子さんの名前の由来になっていて、息子さんが生まれる頃に、ちょうどテレビ放映された縄文杉に深く感銘を受けたそうです。そして、今回40数年という時間を越えて目にした縄文杉は斉藤さんにしか感じ得ないものがあったんじゃないかと思います。

当初、「古希のプレゼントにしては縄文杉日帰りトレッキングは少しハードだな?」と疑問に思っていましたが、ツアーを無事に終え疑問も解け、私自身スッキリしました。

次回は息子さんたちが縄文杉日帰りトレッキングに挑戦されるみたいで、その時は是非またよろしくお願いします。             - - - - 石我
by office-manatsu | 2013-03-11 17:47 | ツアー参加者

原生動物の調査団とご一緒しました。

c0061008_1573656.jpg

6月に土壌中の原生動物の調査にて来られた宮城教育大の島野先生が、再調査へと戻ってこられました。
今回は日本、スイス、ロシア、フランス人の調査スタッフを連れての調査とのことで、2日間ガイドさせていただきました。
c0061008_1581440.jpg

今回の調査のひとつに土壌中、湿地帯等に生育しているアメーバ、ダニ等の生育に関しての調査がありました。人が踏み入れない場所の湿地帯等、土壌中にいる生物達を探索してきました。

特に、”オオミズゴケ”に太古のアメーバなどが生育している可能性があるとか??
帰国後に詳しく顕微鏡で調べると言っていましたので、もしかしたら新しい発見があるかも知れませんね。研究結果が楽しみです。

アメーバ、ダニなどは僕の知らない世界でしたので、とても興味深い話を聞けました。
顕微鏡でみるミクロの世界は、いったいどんな世界なんでしょうか。
いつかのぞいてみたいです。-- 加藤
by office-manatsu | 2012-11-15 15:14 | ツアー参加者

自然という揺り籠

c0061008_3113213.jpg

先日、縄文杉のキャンプで寺元さんご夫婦を案内しました。
縄文杉デッキ到着後、回りには誰もいないし、疲れからか? 寝てしまわれました。

こんな感じで寝られるって、トレッキングキャンプの醍醐味ですね。
今回の縄文杉キャンプは、ゆっくりすることの大切さを再認識したツアーでした。
c0061008_3131021.jpg
帰りの安房川ほとりで、せせらぎを聞きながらもう一眠り。

今回の旅行が寺元さん夫妻にとって遅めの夏休みらしく、気温も8月並に暖かくて最高の夏休みになりましたね。
また、自然の揺り籠を堪能しに屋久島に遊びに来てください。  -- 石我
by office-manatsu | 2012-10-19 03:20 | ツアー参加者

雨上がりの苔むす森は、カメラ好きにはたまりません。

c0061008_1762951.jpg

先日、青野さんを雨上がりの苔むす森まで案内しました。
ツアー前日に連絡すると、「明日は一眼レフカメラを持って行ってゆっくり写真が撮りたいのですが、、」とのこと、私もいそいそと一眼レフを用意して、楽しみにしていました。
c0061008_1782459.jpg

時々、葉の間から差し込む日差しが綺麗で、カメラが手放せません。
午前中は「苔と森」をテーマにパシャパシャと撮りながらスタートしました。
c0061008_1793179.jpg

お昼を食べながら午後の計画を二人で練り直し、一日中カメラ小僧化していく二人でした。
c0061008_17305230.jpg

午後は「苔としずく」をテーマに撮っていくことに。
最終的に一番ハマってしまったのが、こちらの「ホウオウゴケ」での横からのショットでした。

苔から流れ落ちるしずくがとっても綺麗でした。     --加藤
by office-manatsu | 2012-10-13 17:39 | ツアー参加者

台風明けて、、

先日の台風16号の影響で、9/16,17と荒川登山バスが運休となり、今回の縄文杉一泊二日のキャンプ(9/18-19)は、久しぶりの縄文杉の対面になりました。
c0061008_539173.jpg

次の日は、朝から小雨がぱらつき、縄文杉の朝焼けは半分あきらめかけていたのですが、朝日が昇ると少しずつ光に赤みが増し、いつもと違う神々しい縄文杉の姿が現れました。
c0061008_5472337.jpg

c0061008_5482493.jpg

今回、ご参加いただいた桑原さん、倉田さん、小島さん、本当にお疲れ様
でした。お陰様で私も素晴らしい縄文杉に会うことができました。--石我
by office-manatsu | 2012-09-21 05:50 | ツアー参加者

屋久島(Yakusima)の【Y】

c0061008_18112023.jpg

今回安藤さん達と縄文杉から白谷雲水峡へと1泊2日でトレッキングしてきました。2日も一緒にいたので、話が盛り上がり、今回のテーマはY字バランスとなりました。

YakusimaのYを縄文杉で披露!
c0061008_18142510.jpg

まずは城戸さんのY字! さすがもとチアガール!素晴らしいです。

c0061008_18151515.jpg

そして安藤さんのY字も頑張ってますね~!

c0061008_181691.jpg

そして僕は、、、、、Y字にならず、、、残念!
骨がギシギシといってました。

次は必ずキメてみせます。(汗)     加藤でした。
by office-manatsu | 2012-09-09 18:20 | ツアー参加者

夏休み自由課題「屋久島の地質観察」

先日、夏休みの自由課題として「屋久島の地質」について調べたいので、案内して頂けないかと依頼がありました。こちらも面白そうなので、即お引き受けしました。
c0061008_172209.jpg

2日間の日程だったのですが、先ず1日目は屋久島の海岸線を形作っている日向層群といわれている堆積岩(断層、褶曲)、山の方へ入って屋久島花崗岩、7300年前に山岳部までをも襲った幸屋火砕流。とバリエーションのあるメニューでした。
c0061008_17283976.jpg

二日目は、離水珊瑚礁、火山堆積物(テフラ)、枕状溶岩、石英斑岩、砂鉄、漣痕、クライマックスとして生痕化石のズーフィコス化石など盛りだくさんのメニューとなりました。
c0061008_17413842.jpg

c0061008_17423313.jpg
c0061008_17425128.jpg
c0061008_17432029.jpg

資料整理やまとめなどまだ大変でしょうが、頑張って自由課題を仕上げて下さい。
期待しています。
by office-manatsu | 2012-08-17 17:49 | ツアー参加者

コケの森をトトロと散歩。

c0061008_15212861.jpg

先日、まだ梅雨空の中、白谷雲水峡をトトロ好きの水谷さんと歩きました。

コダマ人形をコケの上に置いて撮影されているのは、よく見かけるのですが、今回はトトロ。

トトロのフィールドでのマッチングは、最高でした。どんな所に置いてもサマになります。

水谷さん曰く、都会でも砂漠でもどこでも合うそうです。
恐るべし! トトロの力。

楽しんだ後は、何もないコケの原生林です。
c0061008_1531272.jpg

by office-manatsu | 2012-07-24 15:34 | ツアー参加者