カテゴリ:真津 昭夫( 112 )

高千穂神楽

宮崎県、高千穂神社境内にある神楽殿にて毎日行われている観光神楽(かぐら)を観てきました。

11月の下旬から翌年2月までの農閑期、毎週末各集落ごとに高千穂夜神楽33番が、夜を徹して奉納されます。

今回は、その中で代表的な「手力雄」「鈿女(うずめ) 」「戸取り」「御神体」の四番が奉納されました。

初めの三番は天の岩戸伝説を扱ったもの。最後の「御神体」は国生みの神イザナギ、イザナミの酒造りの舞でかなり解放的です。

何時か33番夜通しで観て、古事記の神話の世界にドップリと浸ってみたいものです。

高千穂夜神楽-手力雄
http://www.youtube.com/watch?v=d5fsb5SjHgQ


高千穂夜神楽-鈿女(うずめ)
http://www.youtube.com/watch?v=xV-3oQ5zQow


高千穂夜神楽-戸取り
http://www.youtube.com/watch?v=ChfMSIcNru0


高千穂夜神楽-御神体
http://www.youtube.com/watch?v=CyEY531ljK4

by office-manatsu | 2014-01-13 18:49 | 真津 昭夫

霧島神宮の参道には、杉と松が、、。

正月明けから鹿児島神宮を皮切りに霧島神宮、高千穂神社、天の岩戸神社と南九州の神社詣でに行って来ました。

神社には、そこで祀られている神様が決まっているのですが、神社が置かれる場所は、その神様と縁のある森や山が御神体とし設定されました。特に古い神社と回りの自然環境は、密接な関係があり、昔から大切に保護されてきたのです。
c0061008_16115472.jpg
出雲大社の参道

以前、出雲大社に詣でた時、他の神社と違う雰囲気に気づきました。普通、神社の参道には杉の木が植えられているのですが、出雲大社の参道には松が植えられていました。正に荒ぶる神、スサノオの象徴です。
どこまで、計算されているのか? 解りませんが、とても面白い造りだと思いました。
c0061008_16125417.jpg
霧島神宮の参道

それで、今回行った霧島神宮なのですが、参道には杉と松が混植されているのです。御祭神は天孫降臨の神様、ニニギノミコトです。本来なら天津神の系譜なので、杉がご神木だと思うのですが、、??

不思議に思って古事記を調べてみると少し腑に落ちる所が見えてきました。
ニニギノミコトはアマテラス(天津神)の孫にあたります。ニニギのお父さんはオシホミミノミコトといいますが、この神様はアマテラスの弟のスサノオノミコトが、アマテラスが髪にまいていた玉の緒をもらって、それ を噛んで吹いた息の中から生まれた神様で、アマテラスが自分が身に着けていた物から生まれたのだからと言って、自分の子にしてしまったという複雑な生まれ の神様です。
c0061008_16135413.jpg
伊勢神宮の参道

同じニニギノミコトを御祭神としている高千穂神社や槵触(くしふる)神社でも扱われ方が、質素だった理由が少し解った気になりました。
by office-manatsu | 2014-01-12 16:22 | 真津 昭夫

朔旦冬至

c0061008_6393561.jpg

2014年、明けましておめでとうございます。

今年の初日の出は、新月の月と一緒に上がってきました。
当然のように新月ですから、月は見えません。ご来光と同時に月も拝んだことになります。

お正月の挨拶、「あけましておめでとう。」という言葉は、日と月が重なることを祝い、“明”という字をあてて「明けまして」となったと言われています。

旧暦(太陰暦)では、正月は新月で設定してあるので、旧暦の正月は、毎年太陽と月が一緒に昇ってきます。

このように、太陽と月の運行のズレは、19年周期でおこり、紀元前からメトン周期として知られていたことでした。

昨年行われた神宮式年遷宮もこの周期に関係しているように思われます。

太古、昼間の時間が一番短く、夜が長い冬至の日が一年の始まりでした。その冬至と月の始まりの新月が重なるのを「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼び、とてもめでたい日とされました。この朔旦冬至も19年に一度しかありません。

そんなめでたい、珍しい日が今年、2014年12月22日に起こります。まだまだ先の話ですが、楽しみです。
by office-manatsu | 2014-01-02 06:47 | 真津 昭夫

ヤマビルは人の血を吸うと死ぬ??

屋久島の山にもヤマビルは生息しています。過去、何回吸血されただろうか? 
最近では、少し慣れっこになって大して嫌な気もしなくなっていました。
そんな慣れが、好奇心を削いでいたのですね。
好奇心の欠如は、私たちネイチャーガイドにとって致命的にマズイ事だと思っています。
c0061008_18464385.jpg

以前からヤマビルのいる地域とそうでない地域が存在していることを不思議だと思っていました。
屋久島の西部、花山歩道の標高800m前後はヤマビルの多発地帯として有名です。しかし、同じ標高でも白谷や縄文杉ルートではほとんど見かけません。降雨量や野生動物の数、森の状態などいろいろなファクターを掛けてみても何故そうなるのか判らずにいました。
そんな中でヤマビルの数は、人の入れ込み数に反比例するのではないか?という仮説が頭を過ぎりました。かなり、以前の事です。

そのまんま思考停止の状態で時間が過ぎてしまっていたのですが、ある自然番組担当のディレクターさんとの会話でヤマビルの話になり、ヤマビル研究者から聞いた話として、ヤマビルは人の血を吸うと死ぬというショッキングな話が飛び出してきました。その時、以前頭を過ぎった仮説がまた浮かんできたものの、また放置してしまいました。

そして、先日知人との立ち話の中でまたヤマヒルの話となり、いつまでも思考停止ではいけないと決意し、何時調べるの? 時流に乗って、そう、今でしょう。となりました。

早速、スマホで調べてみると面白い事が解りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%93%E3%83%AB
「ほ乳類の個体が高い頻度で吸血されると抗体ができ、抗体を持つ血液を吸ったヒルは死滅して、ヒルの個体数を抑制する作用があると考えられている。」

そうなんですね。西部林道林内であんなにいたヤマビルが、ここ5−6年ほどで急激に減少したのは、高い頻度で吸血された研究者やガイドなど、抗体を持った人が増えて、その血液を吸って個体数が減少したのでしょう。

初心に返っていろいろアンテナを張り、地道に調べることの大切さを思い知らされた案件でした。


by office-manatsu | 2013-10-01 19:20 | 真津 昭夫

屋久杉の年輪解析から宇宙謎の大事件が、、。

告知が遅くなりましたが、6/6 NHKBSプレミアム コズミック フロント「西暦775年のミステリー 宇宙 謎の大事件」 http://www.nhk.or.jp/space/program/cosmic.html  午後10:00~午後11:00(60分) 6/10 午後11:45~翌日午前0:45 の紹介です。
c0061008_33868.jpg

昨年、名古屋大の大学院生が博士論文のために屋久杉の年輪に含まれる炭素14の濃度を分析した結果、西暦775年(奈良時代)に大気中の放射性炭素(炭素14)が急激に増加したことを偶然見つけて話題になりました。

炭素14は、宇宙からやって来る高エネルギーの宇宙線が、大気分子と衝突して作られます。炭素14濃度が短期間に急上昇したということは、宇宙線が地球に大量にもたらされるような「謎の事件」があったことを意味しています。

今から1200年以上前、一体宇宙で何が起こったのでしょうか? 
屋久杉からもたらされた西暦775年宇宙で起こった謎の大事件を解明します。
数千年の情報が刻まれた屋久杉の凄さにも注目です。

私もこのデーターが導き出された切株の紹介の時に同行しました。
by office-manatsu | 2013-06-06 03:40 | 真津 昭夫

今年のポインセチアは、異常に赤いような、、。

毎年、クリスマスが近づくと緑と赤の葉のコントラストが綺麗なポインセチアですが、今年は少し様子が違います。
c0061008_1830090.jpg

ポインセチアは、短日性の植物で年も押し詰まって日が短くなると花芽を付けて、その回りの葉っぱ(苞葉)が赤くなります。  この季節いつもは、緑の葉を茂らせてあまり目立たない印象なのですが、今年の葉っぱは全部真っ赤です。
c0061008_18305211.jpg

当然その付け根には黄色い花も出来ています。日は夏至に向かって段々長くなっているはずなのに変です。少し調べてみると短日性と共に気温の低下も関係するみたいで、今年春からの低温が影響しているのかと考えたりもしています。
c0061008_1831478.jpg

でも、この季節に異様に赤いポインセチアも夏のサンタクロースみたいで面白いです。これらの現象も温帯と亜熱帯の境にある屋久島ならではの現象なのではないでしょうか?
c0061008_18321877.jpg

by office-manatsu | 2013-05-13 18:34 | 真津 昭夫

ニホンミツバチ巣箱へ入居ドキュメント

今年は、なかなか苦戦を強いられていた和バチ(ニホンミツバチ)分峰群の確保をGWギリギリで成功しました。
その模様を動画版ダイジェストでお伝えします。



9時頃偵察バチの訪問に始まり、昼過ぎ集団偵察。20分程全員退去して、2:30頃女王バチを連れて無事全員ご入居でした。パチ・ぱち・蜂。メデタシ、メデタシ。\(^O^)/
by office-manatsu | 2013-05-06 17:59 | 真津 昭夫

Googleマップ、縄文杉ルート、ストリートビューが漸く公開されました。

以前にも紹介したGoogleマップ、縄文杉トレッキングルートストリートビューが漸く公開されました。
http://manatsu.exblog.jp/19259364/
http://goo.gl/maps/BsyAG

その時のメーキング画像は、こちらです。


観てからの全体的な印象としては、テレビゲームみたいでした。慣れるまで一寸したコツがいりますよ。特に大株歩道に入ってからは、雪景色だし慣れないと迷い子になります。ご注意下さい。

雪景色は綺麗ですが、いろいろなモノを覆い隠すので、マニアックに楽しみたい方には情報不足の感は否めません。映像のグルーブ感は、ストリートビューならではです。
c0061008_15543923.jpg

完走するのにあっちこっち寄りながら2時間ほど掛かってしまいました。その所為か? 縄文杉に到着した時は、実際に登ったみたいに達成感がありました。

大王杉や縄文杉など撮影したトレッカーからの距離があるものは、実際よりかなり小さく写ってしまうのも仕方ないですが、少し残念でした。

トロッコ道、各鉄橋からの360度パーンは圧巻でした。
c0061008_15563734.jpg

また各場所のポジションカウンター(番号)などを付けて場所の特定ができると嬉しいです。

ともあれ、新たな縄文杉ルートの楽しみ方が増えたことは、歓迎したいと思います。
c0061008_15571310.jpg

因みに当社のスタッフ、撮影スタッフも出発地点の荒川登山道でストリートビューされていました。
by office-manatsu | 2013-04-24 16:01 | 真津 昭夫

BS1「実践! にっぽん百名山」が放送されます。

昨年NHKで放送された「にっぽん百名山/宮之浦岳」を15分に編集して、後の15分で登山に必要な情報をトーク形式でお伝えするみたいです。
司会は、釈由美子さん。
番組HPはこちらです。http://www4.nhk.or.jp/j-100yama/
c0061008_18493613.jpg

昨年のオフィスで関わった「にっぽん百名山/宮之浦岳」ロケの様子は、こちらの過去ブログでご覧下さい。
http://manatsu.exblog.jp/18185391/

今年、屋久島登山を考えていらしゃる方には、必見の番組だと思います。
お楽しみに!!

4/4 NHKBS1 5:00pm~5:30pm
4/7 NHKBS1 3:00am~3:30am
by office-manatsu | 2013-04-02 18:51 | 真津 昭夫

Googleストリートビュー撮影

先日、あの天下のGoogleストリートビュー撮影にロケコーディネートとして参加しました。
c0061008_14323113.jpg
Google マップのストリートビューは、世界中の街並みや観光地、大学や商店街、さらには南極やアマゾン川、海中を 360 度のパノラマ画像で見られるように、自動車や三輪車、スノーモービルや手押し車(トロリー)など、地球上の様々な場所を撮影、公開されています。
c0061008_15244945.jpg
今回のロケは、日本初お披露目の新機材「トレッカー」を使っての撮影でした。画像のように背負子の頭の上に15個の小型カメラを付け、縄文杉ルート(荒川登山口から縄文杉まで)を基本的にノンストップで歩いての撮影でした。

360度全方位が撮影されるので、私たちスタッフも映り込まないようにトレッカーの前後を開け、トランシーバーでのやり取りでした。背負子の下のボックスに15台のカメラから送られてくるデーターを処理するコンピューターが搭載されています。そのコンピューターの立ち上げ、諸々の原因で発生するエラーに悩まされましたが、どうにか夕方、霧に包まれた縄文杉まで辿り着けました。

再生するためには、コンピューター処理をしなければいけないので、すぐにどのように撮れているかの確認が出来ません。一日目の撮影が上手く行っていないと困るので、念のため翌日も下山しながら撮影することになりました。
c0061008_15254682.jpg
ところが、一夜明けると世界は銀世界に変身していました。その銀世界の中、トレッカーは撮影を続けました。

結果的に霧の屋久杉の森と白銀の屋久杉の森、二バージョン撮れたのですが、編集後どのように公開されるか今から大変楽しみです。
c0061008_15262424.jpg
それまでは、今公開されているグランドキャニオンの画像でも観ながらお待ち下さい。息を呑む絶景をご覧いただけますよ。
by office-manatsu | 2013-02-12 16:02 | 真津 昭夫