カテゴリ:真津 昭夫( 112 )

年始のご挨拶

明けましておめでとうございます。今年も一年どうかよろしくお願い致します。
c0061008_14275686.jpg

c0061008_14221618.jpg
真津昭夫:
今年は、屋久島がユネスコの世界自然遺産に登録されて20周年にあたる年です。
この20年間で屋久島についてのおおまかな基礎情報は出尽くした感があります。
今後はそのような基礎情報に新情報をプラスして、いろいろな手法で再編成し、新たな形、情報を生み出す時なのでしょう。編集技術、アレンジセンスが問われる時代です。
今年のオフィスまなつの動向にもご期待下さい。精一杯頑張らせて頂きます。

c0061008_14314235.jpg
石我 晋太郎:
もう早いもので2013年を迎えました。ドラえもんの世界のようにタイムマシーンやどこでもドアは発明されてませんが、10年、20年前と比べると世の中は急激に変化してきいています。
しかし、屋久島には、日本の原風景、変わらない原生自然があります。そこに象徴される屋久島の素晴らしさを余すことなく、皆さんにお伝えできれば幸いです。

c0061008_14322143.jpg
加藤 朗史
2013年が始まりました。昨年からオフィスまなつにお世話になり、存分に森の素晴らしさや、山頂での爽快感をみなさんと共に感動させていただきありがとうございました。
今年の僕の目標は”バリエーションを増やすこと”です。同じ視点ではなく、多方面から物事を理解し、伝えていけるようにしていきたいと思ってます。今年もどうぞよろしくお願いします。

by office-manatsu | 2013-01-05 14:41 | 真津 昭夫

 「冬の黒味岳を生きる」予告編。 

12/10屋久島初の寒波が襲った時、黒味岳に登ってビデオ撮影してきました。
それをどうまとめようかと思っていたら、暮れの忙しい時こんなカタチになってしまいました。

akio manatsuの初ビデオ作品 「冬の黒味岳を生きる」予告編。 
遊び心を持ってお楽しみ下さい。



YouTubeの画像は16x9横長なのですが、ブログでは表示できませんので、正規版はこちらで・・http://youtu.be/Gh-z3WLrdUM
by office-manatsu | 2012-12-12 17:07 | 真津 昭夫

趣味の園芸 「ポインセチアと背比べ」

先日、NHK「趣味の園芸」担当ディレクターの方から電話があった。
内容は、「今回番組で、ポインセチアを紹介する予定なのだが、 『寒さに弱いポインセチアも環境が良ければ露地植えでも育ち、数メートルにも成長する』というようなニュアンスで紹介したいと思っている。その時実際に露地植えで大きく成長した写真を見せたく、インターネットで検索していたところオフィスのブログにて大きなポインセチアの写真を見つけたので、是非使わせて欲しい」との事でした。

そのブログ記事は、2008年12月17日、彩ちゃんが書いた「ポインセチアと背比べ」でした。
http://manatsu.exblog.jp/10359149/
c0061008_15221534.jpg

快く承知して、放送日も決定していたのですが、何かと忙しく告知が随分と遅れてしまいました。申し訳ありませんでした。

番組:趣味の園芸~ポインセチアを長く楽しむ~
放送日時:12/9 (日)あさ 8:30~ [Eテレ] 再放送:12/12(水)よる 9:30~ [Eテレ]  12/13(木)あさ10:30~ [Eテレ]

園芸ファン、彩ちゃんファンの方は、どうぞお楽しみ下さい。
by office-manatsu | 2012-12-12 15:32 | 真津 昭夫

SONY”α”CLOCKのサイトが公開されました。

先月屋久島でロケしたSONY”α”CLOCKのサイトが公開されました。
c0061008_17195128.jpg
山頂付近では、晩秋から冬へ少しずつ移ろうか?といった時期の撮影でした。
撮影場所は、一ヵ所定点で、日の出から日の入りまで、ベスト12枚の写真をコンピューター処理してサイト化するというコンセプトでした。

最初は、4-5日の予定で入ったのですが、以外に条件が良く3日で撮り切ってしまいました。半日ほど冷たい雨もありましたが、風景の変化もありとてもダイナミックなロケでした。
貫井カメラマン渾身の連続画像を特とご覧下さい。
http://www.sony.net/united/clock/

c0061008_17252738.jpg

c0061008_17254596.jpg
c0061008_1726270.jpg
c0061008_17262455.jpg
c0061008_17264841.jpg
c0061008_1727654.jpg
c0061008_17272553.jpg
c0061008_17273958.jpg
c0061008_17275569.jpg
c0061008_17281497.jpg
c0061008_1728271.jpg

by office-manatsu | 2012-12-07 17:37 | 真津 昭夫

11/21NHK鹿児島「島だより」で私の撮影した映像が、、

c0061008_4164963.jpg
11/21NHK鹿児島放送局 午後6:10〜7:00に放送される「情報WAVEかごしま」の中の「島だより」というコーナーで私の撮影した映像が1分程流れます。

過去20年ほどいろいろな映像取材、ロケのお手伝いは、やってきたのですが、今回NHKさんの方から話があり、定期的に屋久島の自然情報をビデオ映像で送るようになりました。

何分初めての経験で不慣れな所は沢山ありますが、過去の経験を生かして新たな試みにチャレンジしたいと思っています。
c0061008_4262831.jpg
で、初回のテーマは、「秋の紅葉を見せる屋久杉の森を抜けると山頂付近では氷張る冬支度」といった内容です。1分程の枠なのに20数分廻してしまいました。
まだ駆け出しなので、三脚もスチールのもので、扱い難いったらありゃしない。
徐々に機材も揃えクオリティを上げていきます。ご感想等お聞かせ願えたらありがたいです。

私自身も楽しみにしています。
c0061008_4385578.jpg
c0061008_4392890.jpg

by office-manatsu | 2012-11-20 04:47 | 真津 昭夫

ギョウジャグモ?

c0061008_16373011.jpg
先日、黒味岳の山頂で体長5〜6mm、緑色の腹部の斑紋が骸骨に似たクモを見つけ、カメラに収めました。
帰って調べてみると、同属のコハナグモと似ていますが、本州では標高1,500m以上に生息している希少種、ギョウジャグモみたいです。
c0061008_1638745.jpg
名前も良いですが、骸骨印に眼が八つという恰好に興味を持ちました。

屋久島みたいな離島の特に高山の生物は生息域が隔離されるので、遺伝的に特化している可能性も有り、面白い対象です。
by office-manatsu | 2012-11-03 16:41 | 真津 昭夫

Canon EOS 6Dのweb movie ロケ

先月の初め、Canon EOS 6Dのweb movie ロケがありました。
朝が早かったり、夕方遅くまでの撮影と、かなりハードなロケでしたが、ようやく作品として出来上がりました。
映画の予告編みたいなとてもステキな仕上がりとなっています。

Canon EOS 6Dweb movie
http://cweb.canon.jp/eos/special/eosmovie/index.html

c0061008_1749384.jpg

最近のデジタル一眼カメラの性能は、眼を見張るものがあります。デジタルカメラでこのような映像が撮れるのですから、、。映画制作も上位機種では、大丈夫らしいです。
 
恥ずかしながらLocation Coordinatorとして、私の名前もテロップされています。

自分が、現場シーンのコーディネートをしたものが、ディレクターやカメラマンさん、色んな方の手を経て、一つの形になっていると思うと、何十回も観てしまいました。とても勉強になりました。
c0061008_17493866.jpg

ロケの時に近くにいらした登山者やガイドさんには、いろいろとご迷惑をお掛けしたかもしれませんが、この場を借りて改めてお礼を申し上げます。

それから、このCanon 屋久島ロケに関わったスタッフの皆さん。大変お疲れ様でした。楽しいロケで、結果としてこのような作品ができ、その後も良い繋がりを持てました。
本当にありがとうございました。
by office-manatsu | 2012-09-23 18:00 | 真津 昭夫

ツチアケビとナラタケ--居候植物の世界。

c0061008_14215766.jpg
先日、蛇ノ口の滝照葉樹林ツアーで屋久島の里の森を歩きました。

島の南に位置するこのコースの歩き始めは、隣の旧植物園から逃げ出したビロウやモンステラなどの亜熱帯植物の茂る二次林となっています。
c0061008_14222487.jpg
しばらく歩いて行くと島本来のシダや照葉樹林(常緑の広葉樹林)が現れます。照葉樹林の森は、天気の良い日でも薄暗いので、この辺でやっと気持ちも深く落ち着いてきます。

キノコや菌類の仲間も目に付き始めます。
c0061008_14234646.jpg
c0061008_14243037.jpg

c0061008_14245771.jpg

c0061008_14254031.jpg
ラン科の無葉緑植物(緑の葉を持たず、栄養を菌類に依存している)ツチアケビの赤い果実を見つけました。
その果実を割ってみると小さい種がたくさん入っていました。
c0061008_14255972.jpg
ラン科の植物は、種の栄養備蓄が少なく、小さな種で散布されます。発芽の時には、その場で出会った菌類から栄養をもらって発芽する、最初から菌類に依存した生き方を選んだ植物です。

ツチアケビの太い根には、ナラタケという木材を腐らせて栄養にするキノコが、陥入していて、ツチアケビの太い根をエサとするみたいです。しかし、後にナラタケの菌糸束は、ツチアケビに消化され、ナラタケが森から集めた養分を吸収し、奪い取るらしいのです。まさに「肉を切らせて骨を断つ」です。

ツチアケビのような無葉緑植物は、菌類の豊富な、健全な森が機能している生態系に居候している植物なのです。
by office-manatsu | 2012-09-22 14:47 | 真津 昭夫

台風15号の影響下、原生林を堪能したキャンプでした。

中心気圧が910hPaまで発達し、沖縄史上最強クラスといわれた台風15号が沖縄に接近している中、その縁にあたる屋久島でワクワク、緊張しながら縄文杉キャンプに行ってきました。

十分事前に情報は得て、過去の経験上、強風も雨も大丈夫だろうと踏んで出発したのですが、想定外の不安材料は多少残しての出発でした。

8/26この日は、日テレの生放送もあり、登山バスも通常通りの運行だったので、出発地点の荒川登山口は、それなりの混雑でした。
通常の縄文杉キャンプでは、日帰り組が降りてくるまで殆ど人にすれ違わないのですが、この日ばかりは、予定した通り撮影チームと重なってしまいました。そこは慣れたもので、ヒラリと交わし、ウイルソン株あたりまではそれなりに人気を感じつつ、台風のエネルギーも感じながらの歩きでした。

撮影隊は、縄文杉までの予定をウイルソン株までに変更したため、縄文杉に到着した時は、撮影隊の後処理班がいましたが、それも下山したので、僕らだけになってしまいました。
c0061008_16143416.jpg

高塚小屋でこんなに静かな時間を過ごしたの何時以来だっただろうか?
このところ、縄文杉キャンプも人が少しずつ増えて、人的ストレスを感じていただけに思わぬ台風からのプレゼントでした。

翌朝の不気味な朝焼けや日が昇っても全然明るくならない、本当に暗い原生林も楽しむことができました。
c0061008_1744655.jpg
c0061008_1751255.jpg
c0061008_1753236.jpg

白谷雲水峡への下山だったのですが、辻峠下で今日初めて登山者に会った時には、お客さんと顔を見合わせて「人類は居たんだね?」と冗談を言い笑ってしまいました。

本当に屋久島の原生林を堪能したキャンプでした。
by office-manatsu | 2012-08-28 17:25 | 真津 昭夫

和バチvsスズメバチ

この数ヶ月、オフィスのマスコット”和バチくん”にキイロスズメバチが襲撃をかけて、人さらいみたいに一匹ずつ連れ去って行っていました。 

私はそれを目撃すると、見かねて虫取り網で捕まえ、退治していたのですが、今日、キイロスズメバチをニホンミツバチが集団で退治する現場を目撃しました。



思っていたより少数で効率的に退治するものです。和バチくんも負けてはいません。

参考までにニホンミツバチがスズメバチを撃退する戦略は、下記の動画をご覧下さい。
まだ、幸いにもオオスズメバチは、襲撃してきませんが、スズメバチトラップや虫取り網で私も微力ながら援護射撃したいと思っています。


by office-manatsu | 2012-08-05 18:27 | 真津 昭夫