カテゴリ:真津 昭夫( 112 )

「世界遺産」屋久島編が9/2、9の2週に渡って放送されます。

c0061008_17121352.jpg

TBSテレビの番組「世界遺産」屋久島編が9/2、9の2週に渡って放送されます。
鹿児島のTBS系列の放送局MBCさんと当オフィスが一年をかけて取材してきた集大成です。

個人的にも思い入れの大きい仕事だったので、仕上がりが楽しみです。
是非とも多くの方にご覧頂きたい番組です。

詳しくは、こちらをご覧下さい。ディレクターの山下さんのインタビュー記事も載っています。
by office-manatsu | 2007-08-24 17:30 | 真津 昭夫

台風--大浄化 / 癖になりそうな台風禊ぎ

昨日、大型の台風4号が最接近し過ぎ去って行きましたが、屋久島では、大した被害も出ず何よりでした。
毎年、台風が来ると不謹慎ですが、ワクワクします。このワクワク感は、何なんでしょうね。
昔感じた年越しの時に感じるワクワク感と通じるモノがあるのかもしれません。
来るぞ、、来るぞ、来た。\(◎o◎)/!  みたいな。
c0061008_10452861.jpg台風の最中は、仕事も休みになり、予定していない空白の時間が取れるので、毎回何をしようかと考えます。定番は、読書。昼寝。停電でなければ、見てないDVDの鑑賞。ろうそくを立てての麻雀大会等々です。
今回は、何となくからだが重たい感じがしたので、寝起きから軽いストレッチ、マッサージ、ヨガ?等、ボディーワークをして、からだの調子をチェックしてみました。

日頃も仕事柄、からだのケアーはやっているつもりですが、この日は何となく特に念入りに行いました。一ヶ月前に痛めた尾骨の痛みもまだ完治していないことにも気づきました。
c0061008_1046130.jpg
それで、すこしからだが汗ばんだので、シャワーを浴びたくなったのですが、私の家は、風呂が母屋と離れているので、暴風雨の中、外へでなければなりません。

エェ〜イ!!  こうなれば、暴風雨の中での天然シャワーです。

初めての経験でしたが、なかなか癖になりそうな台風禊ぎでした。
by office-manatsu | 2007-07-15 10:46 | 真津 昭夫

ヤクスギランドの名称見直しについて

数ヶ月前、ヤクスギランドの休憩所&おみやげ売り場”森泉”に、このような「ヤクスギランドの名称見直しについてのアンケート調査」のチラシが置いてありました。
それから、忙しさにかまけ、放ったらかしにしていたのですが、十数年ほど前からこの事に関しては、気になっていたことなので、ちょっと遅くなりましたが、私見をまとめてみます。
c0061008_16542174.jpg

観光客の方から「ヤクスギランドって遊園地みたいな所かと思って期待せず行ったら、とても良いところでした。」といった感想を以前から良く聞いていました。
観光客の方は、ヤクスギランドという名称に少なからず違和感を感じていらっしゃるのですが、地元では、もうランドの名称で定着しているところがあります。なので、地元では、今更なぜランドの名前を変えるの?と言った意見を多く聞きます。
改めてランド(land)で調べると「土地」という意味もあるのですが、この土地は、農地や人の所有物としての土地なので、やはり、自然林には馴染みにくい言葉なのかもしれません。

では、名称見直しをするとなると、どんな名前が良いのでしょうか?
ちなみにヤクスギランドと対比される場所として白谷雲水峡があります。ヤクスギランドは、屋久杉の巨樹の森。白谷雲水峡は、苔の森と評されます。
白谷雲水峡は、名実共に定着したピッタリの名称だと思います。

またまた、ちなみにヤクスギランドは、外国人向けにyakushima natural forest arakawa site
白谷雲水峡は、yakushima natural forest shiratani siteと言うみたいです。
natural forest(自然林)、natural forest park(森林公園)あたりは、なんとなく近いかなぁと思えるのですが、、。

私的結論として、荒川屋久杉森林公園(arakawa yakusugi natural forest park)では、如何でしょうか? 白谷と対比して荒川。ランドからパークへといったところですか?!
いろんな所で、この事についての議論が盛んになると良いですね。
by office-manatsu | 2007-07-03 17:01 | 真津 昭夫

日詰明男さんの個展(黄金比の鐘楼)のお知らせ。

昨日、建築家にして音楽家の日詰明男さんより個展のお知らせメールが届きました。

日詰明男さんのプロフィールを説明するのは、なかなか難しいので、こちらをご覧下さい。

c0061008_11363095.jpg以前このスタッフblog/自然界の螺旋構造でも載せたのですが、ネイチャーガイドとして自然界のご案内をしているとその中に普遍的な原理(フラクタルやフィボナッチ数列、黄金比など)の見事さ、美しさに魅了されます。

それが高じて2年程前に日詰さんのサイトを探り当て、STAR CAGE#5を買った事がありました。今でもオフィスの私のデスクの真上で輝いています。

今回の個展(黄金比の鐘楼)では、ギャラリー内に高さ5mほど、大人が7人ほど車座になれる広さの竹の茶室を建て、低周波を鳴らすことができる特殊なスピーカーを壁に仕込み、茶室全体を黄金比の音色、黄金比の音階、黄金比のリズムでガランゴロンと響かせる趣向みたいです。

私も黄金比の世界を見て体験してみたいのですが、無理みたいです。広島近郊で興味のある方は、是非足をお運び下さい。面白そうですよ。
by office-manatsu | 2007-06-10 11:40 | 真津 昭夫

サケロック・・最高でした。♪♪

先日、義父の法事で福岡へ里帰りした折、久々のCIRCLE'07、という野外コンサートに行ってきました。

c0061008_819277.jpg週間天気予報では、雨の予報だったので、この年で8時間以上雨に打たれながらのコンサートは、辛いなぁ(仕事では、慣れているのですが、、)と内心少しブルーだったのですが、当日は予報に反して上天気のコンサート日和でした。

参加者メンバーは、カヒミ・カリィ、クラムボン、SAKEROCK、Double Famous、ハナレグミ、細野晴臣、向井秀徳。

カヒミ・カリィ、クラムボン、向井秀徳には、あまり乗れませんでしたが、ハナレグミの生声は、ハリがあったし、突き抜けていました。これだけでも行った甲斐がありました。(^_^)b

最高だったのは、サケロックオールスターズでした。不覚にも久しぶりに音を聞いて涙しました。(+_;) 
ノスタルジックでエキゾチックな音を出すインストゥルメンタル・バンドでしたが、<ハマケン>こと浜野謙太(トロンボーン)は、渥美清ばりの顔にギャグ満載のパフォーマンスで大笑いでした。機会があれば、一度お聞き下さい。なかなか良いバンドですよ。飛び入りの高田漣も良かったです。

時々は、こんな時間も必要ですね。
by office-manatsu | 2007-05-31 13:49 | 真津 昭夫

自然界の螺旋構造

自然界には、螺旋構造で出来ているモノがたくさん存在します。そんなモノに何か普遍的原理性を感じてしまいます。そんな画像をスライドショーにしてみました。こんな事も簡単に出来るのですね。

by office-manatsu | 2007-04-27 14:44 | 真津 昭夫

ど〜んと鹿児島「神々の屋久島〜千年の森と山を行く〜」

一年にわたってハイビジョンカメラで屋久島の映像を撮ってきた鹿児島のMBC放送局から4/26(木)19:00〜19:54ど〜んと鹿児島「神々の屋久島〜千年の森と山を行く〜」として放送されます。
c0061008_7454871.jpg
この番組は、TBSの「世界遺産」を制作しているローカル局のMBCさんがメーキングも含めて編集した番組で、昨年の秋にも第一回目が放送され、評判の良かった番組の下半期版といった構成です。



今回のテーマは、「祈り」ということで、屋久島の自然に対する人々の畏敬の気持ちや神々しい自然の姿が描かれているみたいです。私も現場に立ち会っていた者としてとても手応えのある仕事でしたので、その結果がとても楽しみです。
残念ながら、この放送は、鹿児島だけでしか見られませんので、その他の地方の方は、9月のTBS「世界遺産」放送までお待ち下さい。
放送が楽しみです。
c0061008_7582358.jpg

by office-manatsu | 2007-04-23 08:00 | 真津 昭夫

ヤクザサ帯に咲く満開の桜?!

屋久島は、数日前まで30℃程の真夏日だったのに、一転して春の寒波に見舞われました。全国的にも被害が多発したみたいですが、皆さんのところでは如何でしたか? 
そんな寒波の中、月光浴のキャンプに行ってきました。
寒波の所為でゆっくりと満月を味わうということは出来ませんでしたが、春の思わぬ風景を目にすることが出来ました。
c0061008_15464595.jpg
この画像は、春の満開の桜、ならぬ、春の落葉木の樹氷です。画像からだけでは、風変わりなヤクザサ帯に咲く満開の桜ですね。(@_@;)
ヤクシマシャクナゲの葉は、小さなエビノシッポに覆われ、春を待ち望んでようやく咲いたアセビの花も氷の中で凍えそうでした。c0061008_1692024.jpgc0061008_1694028.jpg
c0061008_16211431.jpg
二日目は、晴天の中黒味岳まで登ったのですが、春と揺り戻しの冬が同居する季節の醍醐味を味わうことができました。僕らは装備をしっかり用意していたので、楽しめましたが、5月の初めまでは、まだこんな事も起こりますので、十分ご注意下さい。
by office-manatsu | 2007-04-05 16:38 | 真津 昭夫

ヤクザルの赤ちゃんを今年初めて見ました。

安房からヤクスギランドに向かう県道沿いでヤクザルの赤ちゃんを今年初めて見ました。
c0061008_1445376.jpg

赤ちゃんといってもお猿の子は、黒い毛並みの黒ちゃんです。
毎年恒例の光景なのですが、もうすっかり生き物誕生の春なのですね。
by office-manatsu | 2007-03-31 15:00 | 真津 昭夫

TBS「世界遺産」ロケ報告第2弾、縄文杉特殊撮影

2月アタマにご報告したTBS「世界遺産」冬ロケに続き、先日、縄文杉特殊撮影をサポートしました。
 c0061008_14335576.jpg
今回は、縄文杉の展望デッキに9㍍のアームのジブと呼ばれるクレーンを取り付けての特殊撮影でした。
なにぶん1トン以上の機材を使っての撮影の為に機材搬入は、ヘリコプターを使っての大掛かりなモノとなりました。
林野庁保全センターの調整官立ち会いの下、緊張した作業が続きました。
残念な事に機材移動中にオフィスの古賀君が右薬指先骨折というアクシデントがありましたが、どうにか作業を終える事が出来ました。

撮影が春分の日の祭日に掛かってしまった為、当日日帰りトレッキングをされた登山者の皆さんには、何かとご迷惑をおかけしたのではないかと心苦しく思っています。

c0061008_14341723.jpg撮影の方は、ジブを使って今まで誰も見た事のない接近した上方からの画像やピーターパンみたいに浮遊した画像など貴重な映像が収録されました。
縄文杉に着生した植物の詳細や接近画像など学術的にも貴重なデーターが得られたのではないかと思っています。

とにかくすごい映像です。 もう千回近く縄文杉に対面して固定したイメージがしっかり付いていたのですが、あんな猛々しい怪物みたいな縄文杉の姿を初めて見ました。
改めて縄文杉のパワーを再確認できたし、新たなガイディングのヒントを得たような貴重なロケでした。

c0061008_14343540.jpgご一緒した制作スタッフの皆さん、お疲れ様でした。 楽しかったですね。

お世話になった林野の皆さんもありがとうございました。

「世界遺産」の放送は、今年の夏とまだ先ですが、期待して楽しみにお待ち下さい。
by office-manatsu | 2007-03-25 15:00 | 真津 昭夫