<   2005年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

太陽と交信中!ウラジロの新芽

昨日、今年初の「蚊」にさっそく刺されたひろこです(ToT)。
蚊に刺されやすい体質らしく、それだけが夏に向かって恐怖なことです。
どなたか蚊に刺されない体質改善法をご存知の方、教えてください。

c0061008_13135246.jpg
ところで、先日ヤクスギランドに行く途中の道路脇で、とてもかわいらしい風景に出会いました。これ、ウラジロというシダの新芽です。ウラジロはよく正月飾りとして、みかんと一緒に玄関などに飾りますよね。あのウラジロの新芽は、こんなにかわいらしいのです。出始めの頃は、ハート形のように新芽がくるくると展開するのでその写真を撮りに行きたい!と思っていたのですが、間に合いませんでした。でも今日出会ったウラジロの群生は、のびのびと両手を伸ばしているみたいで、気持ち良さげでした。ウラジロは日当たりのよい場所を好む性質があるので、太陽の光を「もっともっと」と競って伸びている印象を受けます。

まるで、太陽と交信中!という感じ、しませんか?じっくりみていると、太陽光線の一部が、本当にウラジロの新芽の先端の、くるくるしているところに集まってきているように見えるから不思議です。そんな風景を立ち止まってぼーっとながめていると、私までウラジロの新芽になった気分で、一緒に太陽と交信していました!(笑)カラダがぽかぽかしてきて、私は光合成こそできないけれども、太陽のエネルギーを自分のなかに取り込めた気分になれました。
by office-manatsu | 2005-04-30 13:16

最近読んだ本

こんにちは、加地です。
最近、田口ランディさんの「ドリームタイム」という本を読みました。
田口さんの本は以前、屋久島関連のエッセイ等を読んだことがあって、結構好きな作家のうちの一人でもあるんですが、今回の「ドリームタイム」と言えばアボリジニのスピリチュアルな世界(天地創造の世界)もそう呼ばれています。
私は趣味でディジュリドゥというアボリジニの楽器を吹いていて、そんなこともあって、題名にも惹かれて読んでみました。
う~ん、おもしろい。
何というか、非現実的なんだけど、ものすごく現実味があるんですよ。
短編13話なんですが、(これって有りえなさそうで有りえるよなあ、)という話が田口さんの視点、感覚で書かれていて、しかもその内容が結構自分自身にもシンクロしていたので、ふむふむ、うんうん、そうそう、と思っているうちに読んでしまった。
普段の何気ない生活の中にも、様々な神秘や情報が隠されていて、ふとした時にそのポケットの中をのぞいていたり、出入りしていたりするんですねぇ。
最後に(文學界2003年8月号~2004年7月号)とあるだけで、序文、あとがき、解説など一切無く、読み終わったあとは、その不思議なポケットからふと抜け出た感じがしました。
まさに(何だかいい夢をみた気がする)という時の目覚めのような感じです。
その勢いで、妻にも薦めたんですが(この人、読むの早い)感想は、
「まあまあかな」・・・  そ、そうか、まあ人それぞれだね。
でも私はお薦めします。
みなさんも、機会があったらぜひ読んでみてください。
by office-manatsu | 2005-04-28 18:19

Sun Salutation

こんにちは、ひろこです。
今日の天気はどんより雲。しかし朝、私は海へ出てヨガをしました。
太陽礼拝(Sun Salutaion)というヨガの初歩の簡単なものです。
フランス語では、「やあ!」と友達に会う時につかう挨拶言葉がSalut!(サリュー)というのです。salutationというのは挨拶という意味の英語です。私もフランス語風に、太陽に向かって「やあ!」という気分で、挨拶するような気持ちでやりました。

日本の古神道は、もともと太陽崇拝や自然崇拝から始まったといわれています。縄文時代の事です。ヨガと、古神道はその生命観・宇宙観の点でとてもよく似ていると私は思うのです。どの地域でも、自然との繋がりのなかの自分というものを、強く意識して生活していたのでしょうね。自然の中に霊(神)性を見いだしていたという点で、共通部分はたくさんあるのではないでしょうか。

ヨガを終えてから、自分の中にすっきりしたひとつのラインが通った様な気がしました。それは、太陽のパワーを吸収させてもらったからなのかもしれません。それとも縄文時代から受け継がれた生命崇拝の血が私の中で「ぱちん」と目覚めたからなのかもしれません。

どちらにせよ、とても気持ちがよく、すっきりと仕事に向かえることは確かです。みなさんもお試し下さい。
c0061008_1585079.jpg

by office-manatsu | 2005-04-24 15:15

どんな登山道が良いのだろう?

c0061008_17375444.jpg先日、ツアーで荒川〜縄文杉〜宮之浦岳〜淀川登山口の縦走にいってきました。
雨のなか、大株歩道を歩き一路縄文杉へ。ここ数年で木道が整備され雨でも登山道への負担が格段に減ったと思います。整備をされた現場の方々には、頭が下がる思いです。
その登山道を上りいよいよ縄文杉前のデッキに着きました。その時です。「まぶしい!黄色がまぶしい!(写真参照)」参加者の方々からも縄文杉を見るよりも前に「これは何だ!」「派手だなー」「センス悪〜い。」とのブーイングが上がりました。すこし落ち着いてみると、ペンキで写真撮影区間を塗っていたんですねー。これが、ちょっと後ずさりするほどのまばゆい黄色。
c0061008_17392116.jpgこうして、画像で見るとポップな感じがして悪くもないか?!と思えたりましますが、、(・_・?)もうすこし森の雰囲気を考えてほしかったです。その後黄色にやられた目を森の緑で癒しました。
その日の晩は、新高塚小屋で晩酌。いややっぱり山の中で飲む三岳はうまい。山の神様にも乾杯です。
 次の日は、打って変わって晴天の中、いざ出発。しばらく歩くと、登山道が整備されていました。なんともきれいに石(花崗岩)を並べている。なかなかみごとな石の組み方(写真参照)、素人にはこうはできません。またもや現場の方には頭が下がる思いです。こういうプロの仕事はやっぱり見て気持ちが良いですね。
ところで登山道も木道が適切な場所、石組みが適切な場所といろいろありますが、みなさんはどう感じてますか?いろんな方のご意見を伺いたいものです。
by office-manatsu | 2005-04-23 18:02 | 旧スタッフ

空の豆 春の味 -畑ジャーナル1

こんにちは。ひろこです。
突然ですが、ソラマメが大好きです!
Broad Beans 英語名では、幅の広い豆の意味です。Broadにはほかに自由奔放な、大胆なという意味もあり、そんな名前も好きです。
日本名では、さやが天に向かって実るので、「空豆」といいます。こちらもすてきな名前です。
さて、そらまめはベジタリアンの私にとってかなりの高級食材にランク付けされます(笑)

去年の9月、新しい家に引っ越してから家の掃除もままならぬうちに畑を開墾し、まず蒔いた種が「そらまめ」でした。あまりに貧栄養な土地だったため、ほかの野菜がギブアップして行く中、そらまめだけはけなげに育っていきました。
豆科の植物はたいていそうですが、植えると土地の窒素分を増やしてくれ、土壌を改良してくれる優れものたちが多いのです。そのなかでもそらまめは連作障害も少なく、ダントツに土地をよくしてくれます。

そして、このたび見事に収穫!
塩で軽く茹で、皮ごと食べてみました。
!!おいしい!!
口に含んだ時のふんわりと広がる豆の汁と、かんだ時に皮を破って出てくる柔らかーい実の甘さ、香り。
何とも言えませんでした。
なんでもそうですが、自分で育てた作物が実って収穫できる時の喜びは計り知れない物があります。

写真は家で収穫したソラマメとグリーンピースです。

*追記*
先日、畑友達と「種っこクラブ」というものを作りました。会員は現在2名です。種とは、もともと自家播種可能なものなはず。ですが現在遺伝子組み換えにより、種が取れない野菜の種がが売られているのが現状です。そこで、私たちは種を自分のうちで作りたいと思いました。上手に取れた種を、交換しながら増やしていこうではないかという趣旨です。近々友人が掲示板を立ち上げるかも(まだ未定です)なので、その時にはまたお知らせ致します!色々な種トークの交流の場になればと期待しています。

c0061008_15234721.jpg
by office-manatsu | 2005-04-22 15:26

動物たちも春ですね。

c0061008_14534878.jpg

こんにちは、こがです。
最近実家に帰省し、毎日犬と散歩に行っていました。ちなみに写真はうちの実家の犬(名前:小麦)のしっぽです。散歩から帰って遊んでいると、結構毛が抜けるんですよ。もうだんだん毛が夏毛に変わっていっているのでしょうね。そういえば先週屋久島の山のなかで、シカのおしりの白い毛が落ちてたなー。そして赤ちゃんザルももう生まれているみたいですね。子供はなんでもかわいいですよね。屋久島もなんかいつのまにか春が深まり過ぎていってるのだなと感じる今日このごろです。
by office-manatsu | 2005-04-19 15:23 | 旧スタッフ

太鼓岩へ

こんにちは、あやこです。

「今、桜が満開らしい」
という噂の元、太鼓岩へ行ってきました。
天気がよければ、昼寝をするにも最適な場所。
しかも、その日の天気予報は午前も午後も降水確率0%だったのです。
これは、もう行くしかない!と意気込んで行ったのですが・・・

なぜか空は朝から曇り空。すれ違う人に聞いてみると「今日はだめだねー」との声。がっかりしながら、それでも太鼓岩を目指す。と、

上の方は霞んで見えなかったものの、そこには新緑の緑、常緑の緑、桜のピンク・・と、春のすてきな彩りがありました。

太鼓岩に到着するまでは木々のある森を歩くので
こんなに見晴らしが良いとは、皆驚きなのでしょう。
到着する人たちの一声は「おぉーー!」でした。

少し風が冷たかったので昼寝をするにはまだ早かったですが、
春を感じるのには十分な一日を過ごすことが出来ました。
今まで桜を見る時は下から、花びらを受けながら見ることがほとんどでしたが、上からの視線もなかなか良いと気付きました。

桜一つをとっても、いろんな見方があるようです。
c0061008_16231063.jpg

by office-manatsu | 2005-04-16 16:24 | 旧スタッフ

ようやくホームページの更新ができました。!!

今年の冬から準備してきたホームページの更新をようやくアップすることが出来ました。
オフィスの新ロゴの決定から始まって、ホームページ--トップページの更新、全体の更新となかなか歩みは遅かったですが、どうにか今日、アップまでこぎ着けました。

このスタッフblogも準備段階が終わり、ようやく今日からお披露目です。スタッフ一同楽しく、また自己表現のできるスペースとして活用していきたいと意気込んでいますので、時々のぞいて見て下さい。

まだまだ不手際があるかと思いますが、今後ますます充実したサイトを目指していきたいと思っています。 今後ともよろしくお願い致します。
by office-manatsu | 2005-04-15 10:53 | 真津 昭夫