<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

不思議な雲出現! 激写しました!

こんにちは! 古賀です
先日、仕事が終わり家に帰ると一本の電話が平内の友人Aからかかりました。「怪しげな雲がでてる、今すぐ外で見た方が良いよ」 この電話を受けた僕は、尾之間の見晴らしがきく場所に急いで移動した。そこからモッチョム岳を見上げると
c0061008_15275147.jpg

写真のような怪しげなんだけどきれいな雲が広がっていました。この日はものすごい湿気で蒸し暑かったのですが、こんな雲を見たのは初めてでした。ソフトクリームのようななめらかさでした。他の友人に聞くと空港方面からも似たような雲が見えていたそうです。ふだん暮らしている場所でもふとした瞬間に垣間見せる自然の表情っておもしろいですよね。みなさんのまわりでもなにかおもしろい瞬間はありますか?もしあったらご一報をお願いします。
by office-manatsu | 2005-07-31 15:59 | 旧スタッフ

屋久島夏祭り一番のり!

昨日、この夏屋久島で一番のりの夏祭り、“平内海中温泉祭”
がありました。快晴が続いているここ数日。昨日も朝から雲ひとつない青空で、そんな中お祭りの準備が始まりました。テント設営、舞台設営、駐車場の線引き、出店の下準備・・・、こうして長い一日が始まったのです。

私は平内青年団のひとりとして朝から手伝いに出かけました。テント設営等が終わると一時解散。こんなに暑くてはやってられない!と、海へ泳ぎに出かけました。そして、すぐ近くのお店で昼から生ビールをごくり。またすぐ準備に戻らなければならないのはわかっているけれど、そのまま昼寝をしたくなりました。

そして準備再開。平内青年団では、かき氷とぼんぼん(ヨーヨー)を出すことになっていたので、ぼんぼんを膨らませたりコヨリを作ったり。次第に人も増えてきて、夕方に近づき少しずつ涼しくなってきます。

お祭りは18時から。たこ焼き、綿菓子、ぼんぼん、かき氷、生ビール、焼きとうもろこし・・とわくわくしてきそうなものがたくさん並んでいます。食べたいものはたくさんあったのですが、ぐっとこらえて「かき氷いりませんかー!」。小さい手にしっかり百円玉を握りしめて「赤いの」(いちご味)と言う子どもや、宇治ミルクを頼んで「わっ美味しそう!」と目を輝かせながらもらっていく大人や・・。いろんなお客さんが来てくれました。舞台でも、マツケンサンバとかフラダンスとか・・司会の人の声が遠くで聞こえてきました。

そして5発ほどの花火が上がり、いよいよ最後のプログラム。会場の皆が楽しみにしている行事、抽選発表です!洗濯機やテレビ、マウンテンバイクなどの豪華賞品もずらりと並ぶこの抽選。私も番号札を握りしめ、まだかまだかと待ったのですが・・・。だめでした。抽選番号は800番近くまで出ていたので、どうやら800人近くの人たちが訪れてくれていたようです。

これから始まる各集落での夏祭り。抽選で豪華賞品を当てるまで見逃せません!あやこでした。
by office-manatsu | 2005-07-24 17:23 | 旧スタッフ

聖なる夜

一人になりたくて、栗生の浜へ車を走らせた。
満月も近いのに、月も出ない曇り空の暗い夜だった。
誰もいない夜の浜・・・。岩が波打ち際で波の行く手を塞いでいた。

ざぶんと岩にあたり砕けちる波を見ていたら、目が慣れてくるうちに、それは産卵のために上陸したカメだということに気づいた。
こっちに近づいてくる・・・。私のすぐ横1メートルの近くまでやってきて、私はどうして良いのか分からなくなった。相手をみると、よっぽど重力が甲羅を引っ張るのか、カラダを一歩進ませる度、荒い息づかいをしている。相手もこちらを見ていた。目が合った。
三角に尖った目の奥は必死だった。「ふぅー、ふぅー。」という荒い息。

私は先に目をそらし、何事もないように波間を見つめた。
私の心臓の鼓動がカメの呼吸と連呼する。「ふぅーっ・・・トクトクトク・・・ふぅー。」
カメはまた歩き始め、浜の上までのぼりきり、私は一度だけカメの通った砂を手でなぞってから、そっとその場を離れた。

無事にあのカメは産卵できただろうか。私がじゃまではなかったろうか?
人間が普段の生活の上で、決して交わることのない生き物とこんなに接近できたという事は、私にとってまさにミラクルだった。

自然の神秘をまた一つかいまみた聖なる夜でした。ひろこ
by office-manatsu | 2005-07-16 15:12

子鹿に子猿に・・・

こんにちは、あやこです。
先日、縄文杉日帰りトレッキングへ行った時、思わず「わぁ〜」っと声が出てしまうような、かわいいかわいい子鹿と出会いました! 今年子鹿を見たのが初めてだったので、うれしさも倍増。大人の鹿は、もうこちらを認識していて、カメラを向けても驚くことなく、マイペースで行動している印象があるのですが、子鹿は「近づいてはいけない・・・でも興味がある・・・」というかんじで、こちらの様子を伺います。小さくて、毛がふわふわで(見たかんじはふわふわそうなのですが、実際は・・・?)いつまでも見ていたくなるかわいさです。

そして後日・・今度は子猿と出会いました。木の上で一生懸命に葉っぱを食べる猿たち。よーく見るとちょこまかと動く小さな黒い影が・・・。子猿でした。あんなに小さくても高い木の上で大人の猿たちと一緒になって葉っぱを食べるのですから、すごいですね。見よう見まねで、少しずつ成長していっているのでしょうか。

子鹿も子猿もかわいいなぁと思っていた時、プルルルルと電話の音。メールと一緒に送られてきたのは姪っ子の写真でした。こちらも負けじとばかりのかわいさです。動物も人間も赤ちゃんってほんとにかわいいですね! 
c0061008_16472779.jpg

by office-manatsu | 2005-07-11 16:50 | 旧スタッフ

ニホンカナヘビの交尾行動に遭遇しました。

先日、ガイド中にニホンカナヘビの交尾行動に遭遇しました。
カナヘビの交尾行動を目撃したのは、初めてだったので、最初共食いをしているのかなあと思ったぐらいです。オスがメスの首筋をくわえて、少しするとお腹あたりを軽く甘ガミしているようでした。
c0061008_120353.jpg

帰ってきて図鑑で調べてみると甘ガミどころかV字のかみ痕がしっかり残るぐらい強くかむみたいです。私が見たのは、交尾行動の初期で終了までに数十分かかるそうです。
貴重な体験だったので、もっと見ていたかったのですが、ガイド中という事もあり途中で切り上げました。でも、ちょっと無粋でしたかね〜。
by office-manatsu | 2005-07-06 11:46 | 真津 昭夫