<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

豪華客船の船内講演をしてきました。

先週、パシフィックビーナス(豪華客船)の船内講演を頼まれて、久しぶりの出張をしてきました。
c0061008_16264725.jpg横浜港発-屋久島-長崎・雲仙のクルーズだったのですが、私は、出船当日、屋久島から東京経由で横浜まで行き、そのまま船上の人となりました。
出張の楽しみは、日頃行けない本屋さんや映画館などを暇を見つけて出かけたりする事なのですが、今度の出張は全くそんな時間的余裕はなく、即、海の上でした。
残念。(+_;)

はじめての豪華客船でのクルーズなので、いろいろと面白いことは、あったのですが、特に印象深かった事は、いつも船の揺れでシェイクされることの気持ち良さを感じたことでした。
船酔いする達なので、少し心配していたのですが、幸運にも波は静かで快適な船旅でした。
絶えず体がゆっくり、かすかに揺れるのは、気持ち良いことなのですね。初めての経験でした。
by office-manatsu | 2006-10-26 17:01 | 真津 昭夫

運動会で筋肉痛です・・・。

こんにちは、あやこです。
10月に入ってから、小学校の運動会、各集落の運動会、
集落対抗の運動会、と様々な運動会が行われています。
まさに、スポーツの秋。

c0061008_14354643.jpgそこで、昨日の日曜日には島の南に位置する尾之間(おのあいだ)の集落の運動会がありました。
今年の4月から尾之間に住んでいる私にとって尾之間の運動会は初めて。
東町班(緑)、中町班(白)、西町班(赤)、いわさきホテル班(紫)の4班に分かれて、競いました。私は西町なので赤チームです。



種目は様々で、幼児から70歳以上の方までそれぞれがそれぞれの種目に参加します。

かけっこ、リレー、綱引き、玉入れ、障害物・借り物競走・・。
そういった運動会ならではの種目に始まり、
ダンボールに紐を付けてそこに園児がつかまり、
それをお父さんもしくはお母さんが引っ張って競争する「わーい、らくちん」。
35キロのおもーーーい袋を持って走る「重量運搬」。
シュノーケルと足ひれと浮き輪がバトン代わりのリレー、「私を海につれてって」。
バケツを持って待機するご主人と、そこにラグビーボールを入れようとする
奥さんの、二人の息が試される「ナイスカップ」。
見ていると、思わず笑ってしまうような、おかしな種目もありました。

お昼休憩の後には、楽しい楽しい抽選会もあり、
(私は台所周りのお掃除セットが当たりました)
お天気も良く、絶好の運動会日和でした。

c0061008_14355864.jpg私は一般徒歩(種目名は”徒歩”ですが、”徒競走”のことでした)
綱引き、玉入れ、そして、総合リレーに出ました。
短距離を思い切り走る機会は、普段ないので、今日は筋肉痛です。
いつも使わない筋肉を使ったのですね・・・。

気になる勝敗は、東町が1位、続いて1点差で中町が2位、西町は3位、そしていわさきホテルが4位でした。

私、個人としては、来年は総合リレーではなく、
”五人の乙女”に出たいと思いました。
五人の乙女・・・・どんな種目か想像出来ますか?
5人で、樽のビール(3〜4リットル位?)を順番にジョッキについで
飲み干すという競技です。ちなみに、これは女性のみ参加。
男性は、”七人のサムライ”といって、焼酎をストローで飲み干す競技があります。

来年も、楽しみです。
by office-manatsu | 2006-10-23 15:38 | 旧スタッフ

お団子作り

こんにちは、かからん団子調査隊隊長のあやこです。
昨日、大家さんのお宅へ伺った時に、「明日の午前中にお団子を作る」という話を聞き
「ぜひ見たいです!!」とお願いし、念願の団子作りを見に行ってきました。

今回は、白と紫のきれいなサネンの葉っぱに包まれた“こづき団子”と
知っている方もいらっしゃるかと思いますが、サンキライの葉っぱに包まれた
“かからん団子”を作りました。

・・・と言っても、こづき団子の生地はもうすでに作ってあり、
それを丸めて葉っぱにくるむ、という作業のお手伝いをしました。
こづき団子は、今は、ひとつが幅3センチ、長さ5〜8センチくらいのもの
(片手にすっぽり入るくらいのもの)で、食べるのにちょうど良いサイズで、
サネンの葉っぱも一枚をいくつかに切って使うのですが、
昔は法事の時などに家を訪れてくれた親戚、集落の人達に
配っていたそうで、とても大きなものを作って、それを切って
皆で分け合っていたそうです。

葉っぱでくるんだ後は蒸し器で20分ほど蒸して、出来上がり。
サネンの良い香りがふわ〜っとしてきます。
初めて出来たてを頂きました。あぁ・・・美味しい!
蒸したこづき団子は熱い内にひとつずつサランラップに包みます。
そうすると、乾燥して固くならないし、冷凍しておくことも出来ます。

こづき団子の美味しさの余韻にひたりつつ、今度はかからん団子の始まりです。
よもぎは春に摘んで刻んだものを冷凍してあって、それを使いました。
かからん団子を食べたこと、見たことのある方はご存じかと思いますが
本当によもぎたっぷりで、濃い深緑色をしています。
それもまたせっせとサンキライの葉っぱに包みます。
そして、その後は蒸し器で20分。
かからん団子も出来たてを頂きました!(食べてばっかり・・・)
あぁぁ〜美味しい・・・。

かからん団子は3月の節句、5月の節句に作っていたそうですが
今はいつでも作るとのことでした。

生地の作り方もしっかり聞いてきましたが、「だいたいこれくらいの量」という
説明は、きっと長年作ってきた経験から、目分量で分かる量なのだろうなぁと思いました。
美味しいこづき団子、かからん団子が自分でささっと作れるなんて、憧れます。

始終、なんて話しているのかわからない外国語の中にいるような
おばあちゃん達の方言も楽しかったです。
今日の収穫は・・・「ちんか箱」
わかりますか?
「小さい箱」だそうです。

c0061008_15452510.jpg
by office-manatsu | 2006-10-17 15:52 | 旧スタッフ

ティダ

こんにちは、ひろこです。

このところ、屋久島は晴天続きで気持ちのよい日々が続きます。
観光でいらっしゃっている方は、とても良い時期ではないでしょうか。

私は毎日畑の水やりが大変です。基本的には水やりはほとんどしないのですが、
こう毎日晴天だと、せっかく撒いた種が発芽できません。

さて、今回は「ティダ」がテーマ(?)です。
ティダは奄美や沖縄の言葉で「太陽」という意味。
とても響きのいい音と、意味が私は大好きな言葉です。
そして、去年の7月に拾ってしまったネコにその名をつけました。

拾った当初は片手に乗るくらい小さくて、弱っていて、差し出したミルクも
飲めないくらいでした。
「この子、死んでしまうかもしれないな・・」
と内心思っていたのですが、それから数ヶ月でめきめきと回復して、
同じくらいの生後のネコとくらべて一回りもふた回りも大きくなり(!)
「これ、ネコじゃなくて、タヌキじゃん?!」と友人に言われる始末。
成長してしまいました・・・(--;)かなり大きく。

不思議な縁ですが、ちょうどその前に私はフランスでシャムの雑種の様な
ネコを飼っていて、屋久島ではティダを拾う前に、友達と木彫りの人形を彫っていて、
その像の頭に乗るネコを製作中でした。そして拾ったネコは、シャムの雑種。
私はこのネコに会うためにこの道を通らされたのでは・・・と考えてしまいました。

そして、名前がティダというだけあり、
朝日の出と共に起き、私をきちんと起こし(布団の上の棚からダイブして
私のお腹あたりにいつも着地するという方法で)、ご飯を要求するまでに至ってしまいました。
ツアーのときは、目覚ましかわりになるので良いのですが、
ツアーのない日は朝の早いうちからいやでも起こされるので、
たまにとても頭に来ます。

でも、今はティダとの暮らしは私の屋久島生活の一部になりました。
今回写真がないのが残念ですが、そのうちまたアップします。
by office-manatsu | 2006-10-17 14:10

ハバネロ -畑ジャーナル10

こんにちは。ひろこです。

秋もことことと足音が聞こえてくる季節。
私にとっては実りの秋です。

カボチャの蔓が旺盛に伸び、我がもの顔で畑を占拠しては、
まったく実をつけないので、
「もう実をつけないなら、明日引っこ抜くよ!」
と言って、5日くらい家を留守にしている間に、
この前帰ってきてびっくり。

なんとカボチャの雌花(実をつける花)がたくさんついていました。
「おおっ。通じたのかな?」
あせって、一斉に実を付け始めたカボチャ。
花の付け根に小さなカボチャのふくらみをみせながら
私に花粉をつけてくれとアピールしているのには、笑ってしまった。

さて、今回は前回のブログで書いた「ハバネロとうがらし」のことです。
ハバネロもずいぶん色づき、形と良い、色と良い、かわいらしくてよいのですが、
みなさんもご存知の通り「世界一辛い唐辛子」として名を馳せておりますね。
本当に、辛いのです。

さて、そんなハバネロ、大量にできてしまって(あんなに作りたかった作物なのに、)
どうしようかと考えた末、タバスコを作る事にしました。
ハバネロのペーストに砂糖と酢を加えるものです。

ハバネロの他に、グリーンチリとレッドペッパーがなぜかうちの畑で収穫できたので
(植えた記憶がないので勝手にこぼれ種から成った。)それも混ぜてつくりました。
包丁で、チリを細かくして、すり鉢ですって、酢と砂糖を加えていくのですが、
その手で目をこするなんてことは絶対にしないように!と気をつけて作業を無事終了!!
石けんで手を洗って、ゆっくりとくつろいでいると
両手がなんだか感覚がなくなってきました。
よく正座を長時間してしびれた足のような感覚。
ちくちくしていて、びりびりして、
笑ってしまうようなこそばゆい感じもしているのですが、
でもベースは「痛い」という感じ。(おわかりいただけますか?)
しまいには、両手の親指を除く計8本の指がじんじんとしてきて、
今このブログを書いている指もまだひりひりしています。

ハバネロ、強力です。
出来上がったタバスコは、作ったは良いものの、一体誰が食べるのだろう?
辛いの好きな方、タバスコお分けしますのでご一報ください(笑)

c0061008_1571459.jpg

見た目がかわいいハバネロやその他の唐辛子たち
by office-manatsu | 2006-10-03 15:12