<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一押しのマイブーム/せんねん灸。

もうすぐ10月だというのに、まだまだ暑い日が続いています。
皆さん!体の方は、大丈夫でしょうか?夏の疲れは、残っていませんか?

私たちガイドもハイシーズンを過ぎたこの時期、いろいろと疲れが出やすい時期です。
周りでも腰を痛めた人や膝を痛めた人の話を良く耳にします。

で、いつも元気な私のメンテナンス法は、マッサージやストレッチなどです。もう長年やっているので、時間があるとモミモミとかノビノビを無意識にやっています。傍目には、ちょっとあぶない人に見られているかもしれません。(^^ゞ

c0061008_15584884.jpgそんな私ですが、この夏新対処法が加わりました。

せんねん灸です。これが病み付きになります。以前から腰が痛くなった時など鍼よりもお灸で治していたので、馴染みはあったのですが、せんねん灸はなにしろお手軽、イージーなのが気に入っています。

台座の裏にあるシールをはがして、モグサに火を付け、感じそうなツボに貼る。これだけです。ジワ〜と温かくなって、ツボにハマルと最後ジンジン来ます。お手軽にいろんな所に貼って遊んでいます。

c0061008_165772.jpg

いろんな所に貼りすぎて忘れてしまうこともあり要注意です。
せんねん灸を額に着けて忘れている私を見たら、さりげなく教えてください。(*^_^*)

このところ一押しのマイブームです。
by office-manatsu | 2007-09-27 16:32 | 真津 昭夫

秋空

こんにちは、ひろこです。

最近は屋久島変な天気が続き、山は雨模様でした。
夕方山から下りてくると決まって里の方は晴れ。

こんなときはよく虹が出ます。
先日のツアーは、行きの白谷線で宮の浦の町にかかる
虹を上から見て、
帰り下山途中の道では、山にかかる虹のアーチを
間近でみることができ、なんだかとても嬉しい気持ちになったものでした。

c0061008_15453934.jpg


まだ里は暑い日がつづくけれど、
芙蓉の花が咲き始め、季節は確実に巡っています。
空を眺めても、秋の空模様。

今日は秋彼岸の入り。

お彼岸とは、もともと悟りの世界、極楽浄土のことだそうで、
迷いに満ちたこの世から悟りを得た彼岸へと至れるよう、
行いを慎む期間とされています。

毎日の忙しい日常を少し脇においておいて、
彼岸に想いを馳せるのもよいですね^^
by office-manatsu | 2007-09-20 15:47

夏のお疲れさま会!

こんにちは、ひろこです。
昨夜はオフィスの夏のお疲れさま会でした。

安房の「風来り」というお店にて、おいしいお酒とごはんを頂きました。
c0061008_1747859.jpg


私はいつもお酒をあまり飲まないので、運転手をするのですが、
みんなが次第に酔っぱらっていくのを見るのがとても楽しいです^^。

8月ももう終わり、気づけば9月です。
台風シーズンですが、
連休もあり、まだまだ屋久島は忙しいシーズン。

9月も頑張って行きたいと思いますので、
皆さん宜しくお願い致します!

皆さんも夏の疲れが出ないように、お気をつけてお過ごしください。
by office-manatsu | 2007-09-05 17:53

ごみはごみを呼ぶ・・・?

こんにちは、彩子です。
まだ日中は暑く、今も蒸し暑い事務所にて仕事をしていますが
時々ふとした瞬間に秋を感じ始めています。
皆さんはどこかでそんな瞬間を感じていますか?

先日、ツアーで宮之浦岳ー縄文杉一泊二日トレッキングキャンプに行き
その日は新高塚小屋泊まりとなりました。
小屋には全員で10数人が寝泊まりしていました。
入口付近にはペットボトルやポリタンク、それからタオルが
置いてあったのですが、その日泊まっている人たちが
置いているのだろうと思い、特に気に留めていませんでした。

ところが翌日の朝、少しずつ人が減っていく中
置かれたペットボトルやタオルは減っていかず・・・。
机の上にはめがねも置かれたままです。

結局、残っている人たちに尋ねたところそれは誰の物でもなく、
そのめがねやポリタンクは昨日からあった、との返事でした。
きっと数日前に泊まった人が忘れていった物なのでしょう。
でもそれじゃあ数日間、その忘れ物はその場にあったわけなのです。
ということは持ち主はきっともうそれを取りに来ることはほぼないわけです。

結局、数個のペットボトル、数枚のタオル、携帯電話の充電器、
ボールペン、数枚の銀マットを持ち帰ることになりました。
それでもまだ小屋には持ちきれず置かれたままの物がありました。

時々小屋以外でのトレッキング中でも見かけることがあります。
忘れられたペットボトル。タオル。帽子。
「誰かが忘れた物だろう」
でも山での忘れ物はその人が取りに来ることがない限り
他の人が持ち帰らなければその場に置かれたままになります。
もちろん行きがけに忘れて、帰りがけに取って行く場合もあります。
だけどその場に置かれたままになることがとても多いです。

先日まで縄文杉トレッキングの途中にある大株歩道入り口のお手洗いが
故障して水が流れず、紙はゴミ箱へ捨てること、流す水は
ポリバケツから流すこと、またそのバケツの水が少なくなったら
足してもらうこと。いくつかのお願いがされていました。

でも、紙があふれたゴミ箱が取り替えられることなくそのままになっていることや、
バケツの水がなくなっていることも多くありました。
皆、鼻や口にハンカチを当てて臭い、汚いと言って過ごして行きます。
だけど皆使っているのです。

森の中を歩いていると「ゴミがないですね」とよくお客さんに言われます。
ゴミがないところにひとつでもゴミが落ちていると目立つので
そうすると誰かが拾うし、そうしてまたゴミはなくなってきれいになる。
・・・のかな、と思っています。
きれいなところを歩いているととても気持ちがいいし
きれいなお手洗いだと気分もいいです。

「誰かが拾うだろう」とか「誰かがきれいにするだろう」とか
自分には関係なく他人事として『誰か』と思う気持ちを
少し、ほんの少しでも、屋久島の森を歩いていて
自分のことに置き換えてでも何か思えたらなぁと思います。

私も気付かず、目に入らずやり過ごしてしまうことも
きっとあると思うので、これからツアーに参加される方で
気付いたことがあれば「これって・・・」と声をかけてもらえれば嬉しいです。

そんなことを山の中で考えた数日でした。

今日はこれからオフィスまなつお疲れさま会です!
ビールを飲んで(?!)エネルギーをしっかり付けて
この先も頑張って過ごしたいと思います!!

皆さんも残暑、油断せず過ごしてくださいね〜
by office-manatsu | 2007-09-04 17:07 | 旧スタッフ