<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

白谷雲水峡でNHKの生放送が行われます。

今日、朝から白谷雲水峡でNHKの生放送が行われます。
放送時間は、総合テレビ9:35〜4分ほど。10:07〜5分ほど。13:05〜14:05。
BS1,BS-hi11:00〜12:30です。

二人のアナウンサーが世界各地を旅しながら、各国のエコツアーを体験するという4月からの新番組「世界一周! 地球に触れるエコ大紀行」の紹介を兼ねた番組です。
そのスタートとして屋久島が選ばれました。

生放送なので、いろいろとハプニングはあると思いますが、今回は裏方なので、色々と大変ですが、すこし気楽に楽しみたいと思います。

では、行ってきます。みてくださいね。
c0061008_511341.jpg

by office-manatsu | 2008-03-20 05:13 | 真津 昭夫

チベット暴動

c0061008_15514973.jpg屋久島の西、ほぼ同じ緯度(北緯30)にある中国、チベット自治区、区都のラサで3/14、数十人の死者を出す暴動が起こりました。
大きく報道されたので、関心を持たれた方も多いのではないでしょうか。

この暴動は、期せずして起こったものではなく、以前から続いていたチベットの人たちの中国政府、漢民族に対する抗議行動が臨界点に達して爆発したのでしょう。

このあたりの歴史経過、状況は、チベット式/チベットの今、そして深層にわかりやすく紹介されています。ご覧下さい。

今年は、北京オリンピックの年なので、チベットの精神的最高指導者、ダライ・ラマ法王は、北京オリンピック開催期間中に平和的に抗議の意を表明していくことを賛同者に向けて訴えていました。

c0061008_155018100.jpg

今後もこの問題の解決は、なかなか難しいのでしょうが、すばらしいチベットの民族と精神性を形だけの世界遺産ではなく、人類の希望としてずっと残っていってほしいと心から願っています。
by office-manatsu | 2008-03-16 16:02 | 真津 昭夫

新しいことを始めよう!〜わくわくの波にのって〜

山にはまだ雪が残っていますが
里ではあちこちに春の訪れがあるようです。
c0061008_17145947.jpg
      ヘゴの新芽
c0061008_1861550.jpg

      ウラジロの新芽

くるくるっと巻いているのが分かるでしょうか?

冬がすきこたつが好きと言いつつも
春も好きです(なんじゃそりゃ!)。

私が住んでいる尾之間の集落から見えるモッチョム岳。
その周りの山肌も少しずつ新芽で緑色が鮮やかになってきます。
その少しずつの変化がとても面白くなぜか微笑ましく感じます。

今は葉っぱを落として裸ん坊になっている山桜も
きっともう後数週間すれば
きれいな桃色の花を咲かせているでしょう。

新しいことが始まる!気持ちがわくわくする!
私にとって春はそんな雰囲気があります。
そしてその波(わくわくの波)に乗って
今私は”お弁当作り”に励んでいます。
この冬休みに買ってきた新しいお弁当箱。
縄文杉へ行く時は自分でお昼ご飯を持参するのですが、
これまではお弁当箱がなくてタッパーにおにぎりを詰めて行ったり
パンを買っていくことが多くなっていました。

でもこれを機にお弁当を作ろうと思い、
せっせと作っているわけです。自分で作ったお弁当を
お昼ご飯の時にパカッと開けるのが楽しみです。

でも朝は早いので前日の夜に作ります。
思いの外、時間がかかり・・・・。いつまで続くかはさてはて・・??
c0061008_17141582.jpg
      昨日のお弁当
by office-manatsu | 2008-03-09 17:37 | 旧スタッフ

雪やこんこん、あられやこんこん。

3日の夜は雷にあられに強風・・・。すごい天気でした。
翌日の4日は縄文杉へ向かう途中の道路にもうっすらと雪が積もり、
縄文杉日帰りトレッキングを変更し引き返して来た人も多くいたようです。

私は白谷雲水峡へツアーで行っていたのですが
こちらもあられが降り、ザックを置いていてもあっという間に
積もっていきました。
c0061008_17252390.jpg

誰も踏んでいない積もりたての雪を踏むと
キュッキュッと鳴ってとても気持ちがよくて
どこまででも歩いていきたい気持ちになりました。
屋久島の山であんな雪を踏んだのは初めてかもしれません。
冬の好きな私には春間近にして
最後の(?)楽しい体験でした。

今日は朝から良いお天気で洗濯日和でもありました。
山の雪もきっと少しずつ溶けているでしょう。

でもまだ冬好きのこたつ好きから抜けられない私は
午前中こたつでかぎ針編みをしていました。
すると、散歩から帰ってきたあんこ(猫)
何やら口にくわえています。

・・・・・・・はっ!!!!!
よく見ると小さなか細い足が2本見えています。小鳥です。

以前、ねずみをくわえて帰ってきて、そのまま遊んで結局
死なせてしまったため、今回はそうさせてはー・・と思い
あんこをつかみ、あんこが口を開けた瞬間に逃がす、という
作戦を取ったのですが、その後また気付くと捕まえてくわえていて
またあんこをつかみ逃がす・・・ということを延々と続けていました。

でも。
ついには口から落とした小鳥は・・・動かなくなっていました。
それでもまたくわえようとするあんこを必死に押さえ
小鳥は土に返しました。

これから暖かくなるにつれ、虫も多くなります。
そうするときっと家の中には・・・・・・・・。
あんこが連れて帰ってくる仲間たち(?)で・・・・・・・。
考えるだけでも恐ろしい事実です。

近付く春。近付く恐怖・・・。

あなたのところにはどんな春がやってきそうですか?

c0061008_17452987.jpg

あんこはケガも完治し当初の倍の大きさになりました。元気に飛び回っています。
by office-manatsu | 2008-03-05 17:46 | 旧スタッフ

’08舞踏ワークショップが無事終了しました。

c0061008_14445467.jpg先日無事、5日間の舞踏ワークショップが終了しました。
屋久島という地理的に遠い場所にも関わらず、10数名の参加者で、遠くはオーストリアからも参加いただき、実りの多いワークショップとなりました。

今年は、「地球の声を聞く」というのがテーマだったので、一日一日、フィールドを替え、地球の要素、地、水、火、風というカテゴリーに絞ってからだを動かしました。

最終日に参加者一人一人で好きなシチュエーションを選び、15分間程の発表をしました。
私は、子供のこころで無垢に戯れて踊ってみようと思い、はじめました。

はじめてみると最初の思惑とは違い、勝手に体の中に子供の時の辛い記憶が湧き上がってきて、押し留めることが出来ませんでした。
涙をちびりながら怒りや悲しみの感情を発散して踊ったのですが、まだ自分の中にその当時の未解決のものが残っていることに改めて気づかされました。
もうその当時の問題は、解決済みと思っていただけに多少驚かされました。

からだを使って踊ってみると自分の意識とは関係なく色々なものが出てきてしまうのが、面白いです。
来年は、「空(くう)を踊ってみよう?!」などと大それた考えを抱いています。

来年もご期待下さい。今年の舞踏ワークショップの報告を下記アドレスへアップしていますので、ご覧下さい。雰囲気がお分かりいただけるのではないかと思います。
http://www.office-manatsu.com/manatsu%20site/NewFiles/siryou-butou2.html
c0061008_14465572.jpg

by office-manatsu | 2008-03-02 14:47 | 真津 昭夫