<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

相変わらずの猫ばかっぷり

昨晩は雷に大雨にすごいお天気でした。
私はたいていのことでは起きないのですが、ふと起きた時にあんこ(猫)がいないことに気付き、こんな天気なのに・・・・・と心配になって、それから眠れなくなりました。・・・結局はすぐ発見。ベッドの下に隠れていただけでした。

久しぶりの登場です。あんこです。
c0061008_15254385.jpg
   ん?なに?眠いのよ。

度々、お客さんと犬・猫の話題で盛り上がります。ゴールデンウィークには屋久島へ車で犬を連れて来たというお客さんに会い、先日は携帯にはお子さんの写真はないけれど犬の写真はあるというお客さんに会い・・・。たいていは犬ばか・猫ばか話です(笑)

あんこももう9ヶ月が経ちます。最近は近所にライバル猫がいてけんかをして怪我してきたこともあります。昨日は何かごとごと音がするなと思ったら、家の壁をよじ登って屋根に飛び乗っていました。あっという間に、大きくなりました。あんなに小さかったのに。

最近、驚いたことはどうやら海苔が好きらしい、ということです。私がばりばりと海苔を食べていたら寄ってきて、私がかじっている反対の方をかじり始め・・・あげたら全部食べてしまいました。友達に話したらその飼い猫もどうやら海苔が好きらしく・・猫は皆海苔好きなのでしょうか?

あんこを飼い始めた頃、動物病院の先生に「時間が経つと始めはかわいかったのが段々嫌になってくることがある」と言われて(例えば寝ている時にごはん〜〜と言って起こされることとか)、内心どうだろうかと思ったことがありました。でも、なんのその!たまにご飯を催促されて、鼻をかじられることもありますがへっちゃらです。

あんこがうちへ来てから、家にいる頻度が高くなった気がします。
これから、まだまだお客さんと犬ばか・猫ばか話出来るのを楽しみにしています!
by office-manatsu | 2008-05-25 15:43 | 旧スタッフ

郵便局での使用済みインクカートリッジ回収について

c0061008_16501369.jpg

上の画像は、オフィスでここ4年間で貯まったプリンターの使用済みインクカートリッジです。

小さなオフィスですが、毎年の年賀状から事務プリントまでこなしているので、それなりに貯まってしまいました。

インクカートリッジは、プリンター企業のリサイクルがあるので、いずれまとめて送らなければ、とずっと思っていたところに、郵便局でも回収できるという朗報が一ヶ月程前の新聞記事に載っていました。

なかなか持って行けなかったのですが、ようやく先日、安房郵便局へ持って行きました。

都会に住んでいると量販店などで回収できるのでしょうが、地方ましてや離島となると、まとめて企業へ送るのが現状です。

今回の郵便局での使用済みインクカートリッジ回収は、今後のいろいろなきめ細かいリサイクルの可能性を秘めていて期待が持てる朗報でした。

c0061008_17402545.jpg

by office-manatsu | 2008-05-18 17:53 | 真津 昭夫

「日暈、ひがさ」が掛かりました。

c0061008_1851386.jpg

今日の丁度お昼時、太陽の周りに虹がかかる「日暈、ひがさ」という現象がありました。

大気圏の高いところに氷の結晶の雲が掛かったため起こったみたいです。
そういえば、今日は、少し肌寒かったですからね。

暈が掛かると雨が降るといいますが、明日の天気は、どうなのでしょう?
夕方にかけて段々雲が出てきています。
by office-manatsu | 2008-05-15 18:28 | 真津 昭夫

腰痛のワクワクする日々。

c0061008_15392577.jpg一週間前のGWの最終日、前から調子悪かった腰を少し決定的に痛めてしまいました。

病院へ行っては?という外野の声は、無視して、「自分のからだは、自分で治す!」をポリシーに、試行錯誤、悪戦苦闘の闘病生活が始まることになりました。

こちらの七つ道具は? 
先ず、腰痛バンド--以前からお世話になっているゴム製のもの。
バンテリン軟膏、湿布薬--鎮痛・消炎効果のあるインドメタシン配合の即戦力。
ツムラの芍薬甘草湯--こむらがえりの特効薬として有名ですが、腰痛にも効果大です。
せんねん灸--腰につながる筋肉の緩和に役に立ちます。
アリナミンEX--総合ビタミン剤、腰痛は、ビタミン不足から来ることもあるので要注意。
ホッカロン--腰は、暖かくすると痛みが緩和します。
ステッキ--仕事用ですが、急遽立ち上がれない場合のサポートには、必需品です。

c0061008_15401192.jpg

それから、今回のアクシデントをきっかけに、以前から気になっていた「ホメオパシー」を始めてみる事にしました。

健康な時は、関心があってもなかなか踏み出せないのですが、こんな緊急事態では、即行動できました。

「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「同種の法則」が根本原則になっています。この考え方は、いろいろなところに使える法則のような気がします。

ここ数日、まだ腰は痛いものの朝早くこのレメディー(「超微量の法則」に基づき、植物や鉱物などを高度に希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたもの)を口にして、からだの変化をチェックするのがワクワクする日課となっています。
by office-manatsu | 2008-05-14 15:45 | 真津 昭夫