<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ほっ、とホット梅酒

ぐんぐん冷え込んできていますが皆さん風邪など引かずに
過ごされているでしょうか?
屋久島では20日頃が非常に冷え込み、宮之浦岳では初冠雪もありました。

11月末の連休を境に観光客の方もずいぶん少なくなり、
紅葉した葉っぱもどんどん落ちていき、
森が静かになったかんじがします。
屋久島の森は基本的には常緑樹が多いので冬になっても
森は緑色のままですが、所々は落葉樹で葉っぱがなくなり少し淋しく感じます。
風が冷たくなって一緒に冬の到来を感じるからでしょうか。
早くリンゴツバキの赤い花が咲いてくれないかな、と思ってしまいます。
そうすれば少し森の中がぽっと明るくなるような気がするからです。

日中は暖かくて上着もいらない日もありますが、朝晩は冷え込みます。
いよいよこたつむり出現の季節です。
我が家ではまだ出していませんがそろそろかな・・・と思っています。

あんこ(ひさしぶりの登場!)も最近は寒いからか
夜はほとんど家で過ごしています。・・・といってもそのほとんどは寝ています。
c0061008_1317543.jpg
「あぁ電気が眩しいよー・・・早く消してくれへんかにゃー・・」
c0061008_13185316.jpg
   「あ、こっち向きで寝よ。これならいいわ〜」 

冬になったから蓄えようとしているのか、よくご飯を催促されます。
でもこのままだと「でぶこ」に名前を変えなくてはいけなくなってしまうので
「今日は終わりっ!」と言い聞かせたり、結局ねばり強さに負けて
あげてしまったり・・・しています。
足りないと感じる時は自分で鳥やら虫やらを捕ってきて食べているようです。

私は最近はそのあんこの横でよく梅酒を飲んでいます。
去年の春に漬けたホワイトリカー梅酒、三岳梅酒、
今年の春に漬けた三岳梅酒、日本酒梅酒。
寒くなってきたので三岳梅酒をお湯で割って飲むのがとても美味しいのです。

屋久島に来てから以前よりお酒が強くなりビールも焼酎も飲みますが
小さい頃から梅酒の梅を貰って食べていたからか
やっぱり一番好きなのは梅酒です。
聞くところによるとジンで漬ける梅酒がとても美味しいらしく・・・
来年は何で漬けようかなと考えながら飲んでいます。

これからの寒くなる季節。
こたつとあんこと梅酒が離せなくなりそうです。
by office-manatsu | 2008-11-27 13:22 | 旧スタッフ

覚えていたい大切な味

ここ数日はぐんと冷え込んで最高気温も15度前後です。
里にいても長袖を何枚か着ないと寒いほど。
お鍋、おでん、こたつ・・・
イメージするものが冬のものへと変わってきます。

この季節になると毎年送ってもらうものがあります。
昨日はそのうれしい贈り物が届いていました。
段ボール箱いっぱいに詰められた真っ赤なりんごです。
c0061008_14585953.jpg

私のおばあちゃんは長野でりんご農家をしています。
小さい頃から毎年おばあちゃんのうちへ行って
草刈りの手伝い(といっても私は遊んでいるだけ)や
収穫の手伝いなんかもしていました。
犬を飼っていたので散歩コースもりんご畑の近く。
落ちているりんごをボール代わりに投げて遊んだり。

おばあちゃんのりんごは蜜がたっぷり入っていて
とっても甘くて水水しくて最高に美味しいりんごです。
c0061008_14592966.jpg
     蜜たっぷり

たまにスーパーでりんごを買って食べますが味の素っ気なさ。
その度におばあちゃんのりんごを思い浮かべて・・・
そして、ようやくこの嬉しい季節がやってきたわけです。

昨日は箱を開けてしばらくは顔をうずめてりんごの香りを嗅ぎました。
いーーーーーーーーーい匂い! と何度も言いながら。

おばあちゃんは今年米寿を迎えます。
88年という長い年月を過ごすこと、私にはまだ想像がつきませんが
更にその半分以上をりんごと共に過ごしてきたこと・・・。
ひとつひとつ大切に味わって頂きたいと思います。

26年・・・30年・・・60年・・・88年。
最近、友人と三十路、六十路、米寿・・と
年齢に関する話題が出てきていました。
あと4年で私は三十路を迎えます。
30歳になる時は感慨深いものがあった、とその時に言われましたが
さて一体どんなことになるのでしょうか。
あと4年もあればまた大切なものがいくつも増えているのでしょうか。

おばあちゃんのりんごの味はいつまでも覚えていたい
大切な味です。
by office-manatsu | 2008-11-19 15:12 | 旧スタッフ

赤いじゅうたん

さて!11月です!!
この一週間は連休ということもあり、少し忙しくしていました。
昨日カレンダーを見るとまだ10月のまま。
早速めくると、残りがもう2枚なんだと改めて実感して
あぁ早いもんだーと思いました。

いつもいつも年末が近付くと、というか、
過ぎた時間を振り返ると「早いな」と思います。
時間はいつも誰にでも同じスピードで流れているはずなのですが・・。

屋久島の山は刻々と色合いを変えて、今は縄文杉付近で
コハウチワカエデの紅葉がとってもきれいです。

一本の木でも濃い赤色、オレンジ色、黄色、緑色・・・・と
そのグラデーションがとってもきれいで、
さらにそこに太陽の光が当たって少しの風で葉っぱが揺れた時なんかは
「はぁ〜・・・」っとため息が出てしまいます。

散り始めた葉っぱが木道を色づけてくれています。
c0061008_1137443.jpg


普段は茶色一色の足下も今だけは赤黄色の絨毯が広がっています。
c0061008_11383166.jpg


ここ一週間は一日おきで縄文杉を見ていましたが
一日おくだけでも、縄文杉に着生している木々の紅葉が
進んでいくのが分かります。
一週間も経てば色合いがずいぶんと変わります。

あなたが見る時は一体どんな色合いになっているでしょうか?
by office-manatsu | 2008-11-04 11:48 | 旧スタッフ