<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

読書の季節です。

11月の連休も終わり、最近は山へガイドに行くのもポツ、ポツ、という感じになってきました。時間に余裕もでき、今まで読めずに積んでいた本に手をつける良い機会です。

最近はこんな本を。

c0061008_15131811.jpg

c0061008_15292261.jpg


フランスのアルピニスト、ガストン・レビュファの“自然との対話”のようなエッセイ集。
本がなんだか色褪せているのは、古い本だからです(笑)。中の写真の色合いもなんだかノスタルジックです。


アルピニストといえば、なんとなく、無骨な「山男」というイメージがあるけれど、実際山登りをする人には、とてもとても繊細な感性の持ち主が多いと私は思っています。

レビュファも、その感性はまるで詩人。太陽の光のまぶしさや温かさ、香りまでが文面から立ちのぼってくるよう。ちりばめられた自然への敬愛の言葉ひとつひとつが美しくて、読み進めてしまうのがもったいなくて、何度も同じところを読み返しています。
上の写真で鉛筆が横にあるのは、あまりにも美しい文章に線をひきたくなったのです。(線だらけになってしまいます。笑)


c0061008_15142224.jpg



アルピニストであると同時に、名ガイドでもあったレビュファ。
ガイドはこの世で一番素晴らしい仕事だ、と自分の仕事を愛しています。

〜『ガイドの職務』より抜粋〜
どうしても同じ登山をくりかえさなければならないことから、ガイドの職業は面白味がなくなってしまうと思われるだろうが、ガイドは岩場や氷の斜面を上手に登り、天候やルートに精通するための単なる機械ではない。ガイドは彼のために登るのではない。彼は、彼の山々の扉をほかの人たちに開いてやるのだ。どの登攀がとくに面白いとか、どこの曲り角で眺めが急にすばらしくなるとか、どこの氷の山稜はまるでレース飾りのようだというようなことを知っているが、口には出さない、彼の報いは、相手がそれを発見した時の笑顔の中にあるのだから。
〜抜粋終わり。



は〜〜〜。ステキです。でも、同感です。
知識を説明したり、素敵な風景などを口に出すのは、必要な事もあるしその方が簡単ですが、お連れする方が自分で発見した時の喜びがなんといっても最高の喜びです。
私はまだまだ、自分の方が興奮してしまう事も多くてダメですが、こういう背中で物を言うような(?)、抑揚の効いたガイドに憧れます。

レビュファの、まぶしいぐらいの自然に対する目線を通して、私の心の中の奥深くに眠っていたものが照らし出されて喜びが湧き上がるのを感じます。本を通してもガイドしてくれるのです。

彼は、また、映画監督でもあります。
3部作が有名みたいですが、この冬にかけて、私も見たいなあ〜。できれば大画面で。。
by office-manatsu | 2009-11-26 15:40 | 旧スタッフ

手づくりあったか豚まん

昨日も朝から夜までずーっとよく降った一日でしたが、
今日はひさしぶりの快晴です!今のところ空には雲が見えません!

屋久島も朝晩はずいぶんと冷え込むようになりました。
と言ってもまだストーブをつけるほどではありませんが、
こういう日にはあたたかいものを食べたくなりますね。

つい先日、友達と一緒に水餃子&豚まん・あんまんを作って食べました。
といっても、ほとんどは友達が準備してくれたので
私は具を生地に包むお手伝いをしたくらい。
c0061008_10334348.jpg
   大きいのと小さいのとたくさん出来ていきます。あんこも様子を伺いに・・・

蒸籠で蒸したらこんなに膨らみました!
c0061008_10353193.jpg
   蓋を開けた時の蒸気がふわ〜っと立ち上がる瞬間は最高です。

食べることに夢中で水餃子の写真はありませんが
餃子も豚まんもあんまんもとっても美味しく頂きました。
・・ちなみに、食べている最中に友達と「豚まん」は関西、
「肉まん」は関東の呼び方だという話しになったのですが初めて知りました。
さらには・・友達が豚まんとあんまんの区別を付けるために
豚まんは具を包んだ後口を閉じる部分を上に持ってきて頭がひねったかんじのもの、
あんまんは口を閉じた部分を下にして頭はつるつるのもの、にしていたのですが
それって全国共通なのでしょうか・・?!
お店の豚まんあんまんをチェックしたくなりました・・。

あたたかいものを皆で食べると気持ちもあたたかくなりますね。
これからは鍋を囲むのも楽しみのひとつです。

☆おまけに最近の美味しかったもの達・・
七輪で焼いたサンマ、ハマグリ、シイタケ、そしてマツタケも少し!
c0061008_1046142.jpg

長野のおばあちゃんから届いた段ボールいっぱいに詰まったりんご
c0061008_10464930.jpg

一週間限定でしたがブックフェアと兼ねて行われたアノニマランチ。
c0061008_10562697.jpg

冬がもうそこまで近付いている中、
「食欲の秋だから」という言い訳はそろそろ出来なくなりますが
美味しいものは尽きなくて困ります。

あなたは最近、どんな美味しいものを食べましたか?
by office-manatsu | 2009-11-25 11:08 | 旧スタッフ

狐につままれたような一日

今日はお昼頃からしとしと雨が降っています。
屋内にいる時は、この雨の音がとても心地いいですが
これからのシーズン、山での雨は寒く感じるかもしれません。
明日が勤労感謝の日で祝日。つまり昨日今日明日の3連休。
山は今年最後の混み具合になっているのでしょうか。
皆さん、お風邪など引かないように気を付けてくださいね。


私は一昨日、リピーターのお客さんと大和杉へご一緒しました。
途中、モミツガの巨木に囲まれて、なんだか別世界に来てしまったかのような
ここが南の島だなんてまったく思えないね・・とお話しながら
ゆっくりのんびりじっくりと歩き進めました。
c0061008_1443268.jpg
   お客さんは小柄な方で、巨木と並ぶとまるで小びとのようでした。

時折アオツリバナやマルバヤマシグレ、ナナカマドの紅葉が登場して
色を添えてくれます。
c0061008_14452893.jpg
   このナナカマドは大量に実が付いていました。
   ナナカマドのお酒、いつか飲んでみたいですね。

行きはとてもゆっくり歩いたのでお昼過ぎに到着。
帰りは少し頑張って下りないと真っ暗になってしまうかしらと
少し意識しながら下りたのですが、帰りは あれっ?!という間に
ヤクスギランドまで戻って来れました。

モヤがかかって周りが幻想的になったことも合わさって
なんだか狐につままれたような、不思議な感覚でした。

最後に少し時間があったので【茶屋せきた】を開店しました。
今年の春、また別のリピーターのお客さんにお勧めされて購入した野点セット。
結局一度もしていないということに最近気付き今回、初開店です!
c0061008_14493992.jpg
   お土産に頂いた京都の辻利のお菓子と一緒に。

c0061008_1452954.jpg
   お茶の表面に映し出された景色も一緒に飲みました。

とても贅沢でずっと森にいたような、でも一瞬にして帰ってきてしまったような
不思議な時間の流れた一日でした。
by office-manatsu | 2009-11-22 14:58 | 旧スタッフ

すばらしいお天気

今週の頭からまた少し冷え込みそうだな・・と、
予報を見てドキドキ(どれくらい冷えるのか?!)していましたが
思ったほどの冷え込みではなく過ごせています。

数日前までは雨が続いていましたが
この先週末の土日二日間は晴れマーク!!
・・なぜ、そんなに喜んだかというと、
宮之浦岳のツアーだったからです。

雨の屋久島はしっとりしていて、モヤがかった森はきれい・・とは重々承知ですが、
やはり山頂へ行く時には青空が見えると嬉しいですね。

風もなく、思ったほどの冷え込みもなく、
むしろ最後の40分の急坂では直射日光が暑いくらいでした。
c0061008_163850100.jpg
    この青空!
c0061008_16394242.jpg
    とっても空がきれいでした。
c0061008_1640513.jpg
c0061008_16402739.jpg

遠くからでも黒味岳も安房岳も翁岳も、そして宮之浦岳の山頂も
よーーーく見えた一日でした。そして私はしつこいほどに
お客さんに「すごいですよ〜〜」と言ってしまうのでした。

c0061008_1642527.jpg
    山の大男が空を仰いでいくようでした。

山頂は少し風が出ると寒くていられないかなと思いましたが問題なし!
普段から山へ行かれているお客さん方だったので順調に歩け、
山頂でお昼にしました。

今年宮之浦岳へ来た中で、ベスト3に入る素晴らしいお天気でした。

もうしばらくして12月にも入ると、朝は木道が凍る時期となってきます。
もちろん行き先にも寄りますが、山へ行かれる方はしっかりとした防寒着を
忘れずにお持ちくださいね〜!
by office-manatsu | 2009-11-17 16:50 | 旧スタッフ

秋色の白谷雲水峡

11月に入ってからぐんと冷え込みました。
・・でも。ここ数日はどんより曇り空。暖かい雨の日が続いています。

先日、二日続けて白谷雲水峡のツアーへ行きました。
ひさしぶりに行くと、紅葉のきれいなこと〜。
正確に言うと、紅葉した葉っぱが落ちた、その地面が。
c0061008_154674.jpg
歩き進めて行ったその先に赤や黄色の絨毯が敷かれたような景色が広がった時、
思わず うわあぁ〜! という声が出てしまって、それを幾度となく
お客さんと繰り返しながら歩きました。

一日目はお天気は曇りでしたが雨は降らず。
太鼓岩で上から眺めた紅葉もまたきれいでした。
c0061008_1563651.jpg

二日目は朝車で白谷雲水峡へ向かっている時はなかなかの強い雨だったのですが、
登山口に着いてから次第に弱まり・・。
途中からはこれまた素晴らしい光のシャワーの連続で
 わあぁ〜〜きゃあぁ〜〜 と言いながらお客さんとカメラをパシャパシャ。
c0061008_1585590.jpg
c0061008_15194024.jpg

下山近くには空は青空。白鳥のような形をした雲が。
顔、わかりますか?
c0061008_1510238.jpg

秋色の白谷雲水峡をしっかり満喫した二日間でした。
この紅葉が皆散って、落ち葉が茶色くなってきたら
そろそろ冬の到来でしょうか・・・。
by office-manatsu | 2009-11-11 15:18 | 旧スタッフ

雨の色。

今日は、朝から雨。
この透明な時間を味わいたく、午前中は中間の浜まで車を走らせました。
c0061008_1530164.jpg


どんどん色は深くなっていきます。
海のブルー、空のグレー、山のグリーンが混ざり合ったような、厚いガラスを通したような深く透明なその色合いの美しさ。
雨の屋久島の、このなんともいえない色が好き。
c0061008_1531254.jpg


中間の浜に到着。
c0061008_144464.jpg


透き通る。
c0061008_1444366.jpg


空の色、海の色。
c0061008_1451413.jpg


昼頃からさらに雨は強くなってきました。
今日は一日降りそうです。

先日、宮之浦にあるフローラ書店の店頭に、屋久島の詩人、故・山尾三省さんの新しい本が並んでいました。
三省さんの詩に、奥様が日々の雑感などをしたためた短い文章が載っていて、一ページ一ページ深いところまで染み入ります。
お二人の目を通した世界の見方が大好きです。
また一冊、大切に何度も何度もゆっくりと読み返したくなる本ができました。
こんな雨の日に。

「森の時間、海の時間」
山尾三省、山尾晴美著 無明舎出版
c0061008_14162324.jpg

by office-manatsu | 2009-11-10 15:19 | 旧スタッフ

ひとり、森をあるく。

昨日は仕事がお休みだったので、夫を誘って白谷雲水峡に行って来ました。
前の日にお客様と行った白谷雲水峡があまりにも綺麗で、
夫にも見せたいという気持ちと、私自身も続けて行きたいという気持ちと。

4〜5日前に、ものすごいどしゃ降りがあり、次の日には急に冷え込み、また飛び石連休も終わり観光シーズンも一段落したのか、屋久島は突然違うチャンネルに切り替わったようになりました。

空気は今までに見た事のないほど透明で、曇っているのに遥か彼方の島々がくっきりとよく見えます。樹々は葉の色を変え、水の碧も深さと透明度が一段と増しています。
c0061008_7215483.jpg

白谷雲水峡の入り口を抜けしばらくすると、私たちは自然にそれぞれ一人ずつで森の中を歩き出しました。
ガイドをする時は人と一緒ですが、今日はまた全く違うモードで、自分一人で森にとけて行くよう。

一歩ずつ、ていねいに、ていねいに。
ゆっくりと息を吐き、ゆっくりと息を吸い。
移りゆく瞬間瞬間を味わって。

目の前に広がる光景、頬に当たる空気、足の裏の感覚・・・。
カサコソという音、沢の流れる低い音、高い音、鳥の声、奥の方で、後ろの方で、シカの鳴き声、自分の足音、息をする音。
サザンカの香りから、バニラのようなクリーム色の香りへ、そして甘く香ばしい香り、そして清涼なスギの香り。
c0061008_723286.jpg

森の中にあるがままにあるそれらすべてを、かき消してしまわないように、
じっとその場に佇んだり、集中したり、見つめたり、目を瞑ったり、そうっと通りすぎたり、
その瞬間にふさわしいやり方は、森とのとけあいの中ではたぶん自然に為されていて、そうやってわたしは森となって、あるきました。

胸いっぱいになりながら、森の道の分岐点に着くと、夫も胸いっぱいになってそこにいました。
本当はコースの目玉でツアーでは必ず寄る場所がこの先にあるのですが、そこには行かずただただ満ち足りた気持ちで道を引き返し、二人で森を後にしました。

私がかつて森に目覚めたのは、ある時、人に山に連れて行ってもらったのをきっかけに、その後毎日毎日ひとりで森を歩いた体験からでした。
ひとり森歩きで得た感覚を言葉で表すのはとても困難なのですが、その時に森からいただいたものはあまりにも大きく、聖なるもので、その体験を人にも伝えたいという思いからガイドを志し、今に至ります。
実のところ、その聖なる体験はひとりであるからこそ起こるものだと思うので、ガイドでそれを伝える事はとても難しく、自分自身葛藤も抱えています。
だけど、森との関わり方はいろいろな角度があって、私が案内したお客様が屋久島から帰った後、さらに森との関係をそれぞれに深めていったら、それほど嬉しいことはありません。
森との新しい扉を開くようなガイドができたら嬉しいな、と思っています。
by office-manatsu | 2009-11-06 15:34 | 旧スタッフ