<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

台風15号の影響下、原生林を堪能したキャンプでした。

中心気圧が910hPaまで発達し、沖縄史上最強クラスといわれた台風15号が沖縄に接近している中、その縁にあたる屋久島でワクワク、緊張しながら縄文杉キャンプに行ってきました。

十分事前に情報は得て、過去の経験上、強風も雨も大丈夫だろうと踏んで出発したのですが、想定外の不安材料は多少残しての出発でした。

8/26この日は、日テレの生放送もあり、登山バスも通常通りの運行だったので、出発地点の荒川登山口は、それなりの混雑でした。
通常の縄文杉キャンプでは、日帰り組が降りてくるまで殆ど人にすれ違わないのですが、この日ばかりは、予定した通り撮影チームと重なってしまいました。そこは慣れたもので、ヒラリと交わし、ウイルソン株あたりまではそれなりに人気を感じつつ、台風のエネルギーも感じながらの歩きでした。

撮影隊は、縄文杉までの予定をウイルソン株までに変更したため、縄文杉に到着した時は、撮影隊の後処理班がいましたが、それも下山したので、僕らだけになってしまいました。
c0061008_16143416.jpg

高塚小屋でこんなに静かな時間を過ごしたの何時以来だっただろうか?
このところ、縄文杉キャンプも人が少しずつ増えて、人的ストレスを感じていただけに思わぬ台風からのプレゼントでした。

翌朝の不気味な朝焼けや日が昇っても全然明るくならない、本当に暗い原生林も楽しむことができました。
c0061008_1744655.jpg
c0061008_1751255.jpg
c0061008_1753236.jpg

白谷雲水峡への下山だったのですが、辻峠下で今日初めて登山者に会った時には、お客さんと顔を見合わせて「人類は居たんだね?」と冗談を言い笑ってしまいました。

本当に屋久島の原生林を堪能したキャンプでした。
by office-manatsu | 2012-08-28 17:25 | 真津 昭夫

永田のサンセットでほっと一息。

c0061008_16434396.jpg

友人の家で子供の誕生会があったので、永田の集落に向かう途中。
あまりに夕日が綺麗で永田川から海への河口で撮りました。

口永良部島は、永田から見ると左から右に向かってムーミンが仰向けに
寝ている様に見えるところから、地元の人からは「ムーミン島」なんて
ネーミングされてます。

そんなムーミンのちょうどお腹のあたりに日が沈んでいきました。
こんな景色を毎日見ているとは、うらやましい!!
by office-manatsu | 2012-08-22 16:45 | 加藤 朗史

夏休み自由課題「屋久島の地質観察」

先日、夏休みの自由課題として「屋久島の地質」について調べたいので、案内して頂けないかと依頼がありました。こちらも面白そうなので、即お引き受けしました。
c0061008_172209.jpg

2日間の日程だったのですが、先ず1日目は屋久島の海岸線を形作っている日向層群といわれている堆積岩(断層、褶曲)、山の方へ入って屋久島花崗岩、7300年前に山岳部までをも襲った幸屋火砕流。とバリエーションのあるメニューでした。
c0061008_17283976.jpg

二日目は、離水珊瑚礁、火山堆積物(テフラ)、枕状溶岩、石英斑岩、砂鉄、漣痕、クライマックスとして生痕化石のズーフィコス化石など盛りだくさんのメニューとなりました。
c0061008_17413842.jpg

c0061008_17423313.jpg
c0061008_17425128.jpg
c0061008_17432029.jpg

資料整理やまとめなどまだ大変でしょうが、頑張って自由課題を仕上げて下さい。
期待しています。
by office-manatsu | 2012-08-17 17:49 | ツアー参加者

和バチvsスズメバチ

この数ヶ月、オフィスのマスコット”和バチくん”にキイロスズメバチが襲撃をかけて、人さらいみたいに一匹ずつ連れ去って行っていました。 

私はそれを目撃すると、見かねて虫取り網で捕まえ、退治していたのですが、今日、キイロスズメバチをニホンミツバチが集団で退治する現場を目撃しました。



思っていたより少数で効率的に退治するものです。和バチくんも負けてはいません。

参考までにニホンミツバチがスズメバチを撃退する戦略は、下記の動画をご覧下さい。
まだ、幸いにもオオスズメバチは、襲撃してきませんが、スズメバチトラップや虫取り網で私も微力ながら援護射撃したいと思っています。


by office-manatsu | 2012-08-05 18:27 | 真津 昭夫