<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オフィスまなつ新年会

2月に入り、たまに春が来たような陽気な日もありますが、屋久島の冬の寒さはまだまだ続くのでしょう。そんな中、旧正月に合わせて、 オフィスまなつ恒例の新年会が真津さん宅で開かれました。
c0061008_17444890.jpg

今回、初めて真津さん宅を訪れた加藤さんは少年のような目をして、オリジナリティー溢れた家具や装飾に目を奪われていました。私自身も何回か来ていますが真津ワールドに引き込まれてしまいます。

それに真津さんの奥さん、祥子さんとLa tableの郁ちゃんのコラボ・ディナー。何回か新年会や忘年会で食べているのですが、何回食べても美味しくて、食べたことのないスパイスが舌の上で「幸せ」という化学反応を巻き起こす感じです。
最近、読んだ片桐はいりの「グアテマラの弟」という本に、「人生において、おいしい料理が作れたら、大抵のことは上手くいく。」という一文を思い出し、一人なるほどなあと納得しました。

また、お酒の席での話題が自給自足になり、「自己完結型な自給自足生活よりも、いろんな人が結びついた生活の方が楽しいはず。」という私なりの結論に達し、この新年会を通して改めて、人と人とのコラボに色んな可能性を感じました。
by office-manatsu | 2013-02-13 17:45 | 石我 晋太郎

Googleストリートビュー撮影

先日、あの天下のGoogleストリートビュー撮影にロケコーディネートとして参加しました。
c0061008_14323113.jpg
Google マップのストリートビューは、世界中の街並みや観光地、大学や商店街、さらには南極やアマゾン川、海中を 360 度のパノラマ画像で見られるように、自動車や三輪車、スノーモービルや手押し車(トロリー)など、地球上の様々な場所を撮影、公開されています。
c0061008_15244945.jpg
今回のロケは、日本初お披露目の新機材「トレッカー」を使っての撮影でした。画像のように背負子の頭の上に15個の小型カメラを付け、縄文杉ルート(荒川登山口から縄文杉まで)を基本的にノンストップで歩いての撮影でした。

360度全方位が撮影されるので、私たちスタッフも映り込まないようにトレッカーの前後を開け、トランシーバーでのやり取りでした。背負子の下のボックスに15台のカメラから送られてくるデーターを処理するコンピューターが搭載されています。そのコンピューターの立ち上げ、諸々の原因で発生するエラーに悩まされましたが、どうにか夕方、霧に包まれた縄文杉まで辿り着けました。

再生するためには、コンピューター処理をしなければいけないので、すぐにどのように撮れているかの確認が出来ません。一日目の撮影が上手く行っていないと困るので、念のため翌日も下山しながら撮影することになりました。
c0061008_15254682.jpg
ところが、一夜明けると世界は銀世界に変身していました。その銀世界の中、トレッカーは撮影を続けました。

結果的に霧の屋久杉の森と白銀の屋久杉の森、二バージョン撮れたのですが、編集後どのように公開されるか今から大変楽しみです。
c0061008_15262424.jpg
それまでは、今公開されているグランドキャニオンの画像でも観ながらお待ち下さい。息を呑む絶景をご覧いただけますよ。
by office-manatsu | 2013-02-12 16:02 | 真津 昭夫

0歳にして加齢臭?

新年が明けて、早いもので一ヶ月が経ちました。一月から長期休暇を頂いていてようやく二月から仕事復帰です。

一月は、特に二人目の出産と引っ越しの片付けと、「あっ」という間の一ヶ月でした。
また、「赤十字救急法救急員講習会」、「屋久島ガイドセミナー」という各三日間の講習会も重なりかなりハード? いや、充実した日が送れました。これもオフィスまなつのスタッフ間の協力の賜です。
c0061008_1641128.jpg

さて二人目の子は三週間経ち、真っ赤な肌もようやく落ち着き人間の肌の色に近づいて来ました。一人目の子が女の子で、今回は待望の男の子なんですが、嫁は事ある事に「加齢臭がする!」と連発。
やはり、男と女では嗅覚も違うのか?僕にはさっぱり分かりません。それにしても、0歳にして加齢臭と言われるのは意味が分からないというか、可哀相で堪りません。嫁の鼻を検査させたいぐらいです。

しかし、こんな男と女で子育てするのがバランスが取れて良いんでしょうか?疑問に思うことは色々ありますが、これからどんな風に子供が育っていくか楽しみです。それにしても加齢臭はひどくないでしょうか?
by office-manatsu | 2013-02-02 17:03 | 石我 晋太郎