屋久杉の年輪解析から宇宙謎の大事件が、、。

告知が遅くなりましたが、6/6 NHKBSプレミアム コズミック フロント「西暦775年のミステリー 宇宙 謎の大事件」 http://www.nhk.or.jp/space/program/cosmic.html  午後10:00~午後11:00(60分) 6/10 午後11:45~翌日午前0:45 の紹介です。
c0061008_33868.jpg

昨年、名古屋大の大学院生が博士論文のために屋久杉の年輪に含まれる炭素14の濃度を分析した結果、西暦775年(奈良時代)に大気中の放射性炭素(炭素14)が急激に増加したことを偶然見つけて話題になりました。

炭素14は、宇宙からやって来る高エネルギーの宇宙線が、大気分子と衝突して作られます。炭素14濃度が短期間に急上昇したということは、宇宙線が地球に大量にもたらされるような「謎の事件」があったことを意味しています。

今から1200年以上前、一体宇宙で何が起こったのでしょうか? 
屋久杉からもたらされた西暦775年宇宙で起こった謎の大事件を解明します。
数千年の情報が刻まれた屋久杉の凄さにも注目です。

私もこのデーターが導き出された切株の紹介の時に同行しました。
# by office-manatsu | 2013-06-06 03:40 | 真津 昭夫

永田集落岳参り取材同行

5月21、22日にて永田集落の「岳参り」の取材をするということで担当する事になり、永田歩道から永田岳をめざし同行してきました。
「岳参り」とは、各集落でそれぞれ信仰する山が決まっていて、里の恵みや無病息災を祈るため、山頂付近にある祠にお参りを行う行事です。
「祈願」と「願解き」の年2回お参りが行われています。
c0061008_13595299.jpg

今回は「祈願」に参加させてもらいました。
初日は海岸部(0m)から途中にある鹿の沢(1550m)という小屋まで向かい、2日目の朝に永田岳(1886m)にある祠にお参りといった予定で登りました。コースがとても急勾配なことと、とてつもなく長いので、体力・精神力的にはかなり厳しいコースでした。

体力的にはかなり厳しかったですが、2日間共に晴れていて、早朝も思ったより寒くもなく、ゆっくりと日の出を見ることができました。
5月の岳参りでこんなに天候に恵まれることも珍しいそうです。
c0061008_1403380.jpg

日の出を見た後に、集落の方と一緒に祠に向かいお参りをさせてもらいました。
僕にとって永田集落は、屋久島に一番最初に訪れたときに住んだ場所だったので、この岳参りに参加できたことはとても嬉しく、永田集落の方々の計らいでお参りもさせて頂き、心に残る2日間となりました。ありがとうございました。
c0061008_1405692.jpg

それにシャクナゲも満開を迎えてました。
昨年から莟の量が多く期待してたところ、予想道理とてもたくさんの花を咲かせていました。
# by office-manatsu | 2013-05-25 14:01 | 加藤 朗史

今年のポインセチアは、異常に赤いような、、。

毎年、クリスマスが近づくと緑と赤の葉のコントラストが綺麗なポインセチアですが、今年は少し様子が違います。
c0061008_1830090.jpg

ポインセチアは、短日性の植物で年も押し詰まって日が短くなると花芽を付けて、その回りの葉っぱ(苞葉)が赤くなります。  この季節いつもは、緑の葉を茂らせてあまり目立たない印象なのですが、今年の葉っぱは全部真っ赤です。
c0061008_18305211.jpg

当然その付け根には黄色い花も出来ています。日は夏至に向かって段々長くなっているはずなのに変です。少し調べてみると短日性と共に気温の低下も関係するみたいで、今年春からの低温が影響しているのかと考えたりもしています。
c0061008_1831478.jpg

でも、この季節に異様に赤いポインセチアも夏のサンタクロースみたいで面白いです。これらの現象も温帯と亜熱帯の境にある屋久島ならではの現象なのではないでしょうか?
c0061008_18321877.jpg

# by office-manatsu | 2013-05-13 18:34 | 真津 昭夫

ニホンミツバチ巣箱へ入居ドキュメント

今年は、なかなか苦戦を強いられていた和バチ(ニホンミツバチ)分峰群の確保をGWギリギリで成功しました。
その模様を動画版ダイジェストでお伝えします。



9時頃偵察バチの訪問に始まり、昼過ぎ集団偵察。20分程全員退去して、2:30頃女王バチを連れて無事全員ご入居でした。パチ・ぱち・蜂。メデタシ、メデタシ。\(^O^)/
# by office-manatsu | 2013-05-06 17:59 | 真津 昭夫

新しく生まれ変わる高塚避難小屋

四月も終わりに近づき、ゴールデンウィークという一大イベントが近づくにつれて屋久島の観光に携わる人達のボルテージは上がってきています。そんな中、嬉しいニュースが飛び込んできました。

この度、高塚避難小屋が新しく建て替わることになりました。なんと、バルコニー付きの3階立て、収容人数18名に変身する予定で、今から完成が楽しみです。
工事期間は平成25年5月13日~7月4日の予定で、その期間は避難小屋とトイレに関しては利用できないので、個人での縄文杉一泊をお考えの方はテントと携帯トイレの持参をよろしくお願いします。

なお、この工事は赤津慎太郎氏(株式会社レモンガスかごしま代表取締役社長)から寄附の申し出により、実施することになりました。いつも高塚避難小屋を利用している我々としては本当に感謝の一言につきます。

今回の工事が安全に無事終了することを願っています。
   
【お問い合わせ】
屋久島町役場 商工観光課 TEL0997-43-5900
# by office-manatsu | 2013-04-25 18:09 | 石我 晋太郎

Googleマップ、縄文杉ルート、ストリートビューが漸く公開されました。

以前にも紹介したGoogleマップ、縄文杉トレッキングルートストリートビューが漸く公開されました。
http://manatsu.exblog.jp/19259364/
http://goo.gl/maps/BsyAG

その時のメーキング画像は、こちらです。


観てからの全体的な印象としては、テレビゲームみたいでした。慣れるまで一寸したコツがいりますよ。特に大株歩道に入ってからは、雪景色だし慣れないと迷い子になります。ご注意下さい。

雪景色は綺麗ですが、いろいろなモノを覆い隠すので、マニアックに楽しみたい方には情報不足の感は否めません。映像のグルーブ感は、ストリートビューならではです。
c0061008_15543923.jpg

完走するのにあっちこっち寄りながら2時間ほど掛かってしまいました。その所為か? 縄文杉に到着した時は、実際に登ったみたいに達成感がありました。

大王杉や縄文杉など撮影したトレッカーからの距離があるものは、実際よりかなり小さく写ってしまうのも仕方ないですが、少し残念でした。

トロッコ道、各鉄橋からの360度パーンは圧巻でした。
c0061008_15563734.jpg

また各場所のポジションカウンター(番号)などを付けて場所の特定ができると嬉しいです。

ともあれ、新たな縄文杉ルートの楽しみ方が増えたことは、歓迎したいと思います。
c0061008_15571310.jpg

因みに当社のスタッフ、撮影スタッフも出発地点の荒川登山道でストリートビューされていました。
# by office-manatsu | 2013-04-24 16:01 | 真津 昭夫