野に咲く花々

こんにちは、ひろこです。

今日はしばらくぶりの雨もようです。
白谷のコケも、うちの畑の作物たちも、喜んでいることでしょう。

さて、屋久島の5月。
梅雨に入る前は比較的よいお天気が続きます。

里周りを車で走っていると
たくさんの花々に出会う季節です。

ハイビスカス、シャリンバイ、オオキンケイギク
テッポウユリ、ノアザミ
などなど。

うちの畑も実はいまお花畑と化しています。
また来年蒔く為の種を、採ろうと思って摘まずに残しておいている野菜たち。
大根、春菊、二十日大根、カブ、ルッコラ、レタス、チコリー、
ソラマメ、セロリ、小松菜、水菜etc...

野菜の花って、普段はあまりお目にかかりませんよね?
けれど、園芸種のお花に負けず劣らず綺麗で可憐です。


さて、私がこの時期大好きな野の花のひとつに、
「ヒルザキツキミソウ」という花があります。

c0061008_16164590.jpg


太陽にすかしてみると薄い花弁の中に雄しべのシルエットが美しいです。
思わず車を止めてお花畑に埋もれながら写真を撮ってしまいました(笑)

みなさんも島で車を走らせる時、道ばたの花々、
眺めてみてはどうでしょうか。

c0061008_1617811.jpg













写真は一湊にて。
by office-manatsu | 2007-05-16 16:42
<< しゃくなげの開花状況は・・・ 草木の正しさの如く >>